【債務整理】任意整理などのメリット・デメリットは?財産はどうなる?

   2018/01/22

債務整理の仕組み

債務整理とは、借金を返済できなくなった場合に、弁護士や司法書士の力を借りて返済額を減額してもらうための手続きです。例えば、任意整理とは債務整理の一種であり、他の債務整理(民事再生や自己破産)に比べるとデメリットが少ないといわれています。

そんなに都合良く借金額を減額してくれるの?といった疑問を解消するための解説をしたいと思います。

 

債務整理のメリット・デメリットとは


債務整理
そもそも債務整理とは、誰向けのどういった手続きになるのでしょうか。冒頭で述べたとおり、債務整理には3つの種類がありますのでご紹介します。

①任意整理

一言で言うとどんな人向け?
→借金額が減ればなんとか完済できるといった方向けです。

任意整理とは、債務者(借り手)と債権者(貸し手)の間に弁護士や司法書士が入り、利息や毎月の返済額を減額するための調整をする手続きです。

どれぐらい借金が減額されるかは、ケースによって様々です。弁護士や司法書士の交渉といった要素も大きいです。中には、ほぼ全額の返済が不要になったというケースもあるそうですが、感覚的には返済額の20~50%が減額されるといったケースが多いのではないでしょうか。司法書士に頼む場合には、債務の上限が140万円となりますので、弁護士のほうがより融通が効く可能性があります。

メリット

・金利部分や遅延損害金の支払いを不要にし、返済額を削減できる可能性がある
・専門家(弁護士・司法書士)に依頼した時点から取り立てがなくなる(最終合意までの間、返済をしなくてもよくなる)
・専門家(弁護士・司法書士)への相談費用が割安なのに、借金の減額幅が大きい(費用対効果がかなり高い)
・借り手と貸し手が直接話をすることはなく、専門家(弁護士・司法書士)へ任せっきりにすることができる
・ギャンブルやその他浪費などで作った借金でも可能
・会社などに知られることがなく、現在就いている仕事を継続することができる
・財産の差し押さえなどが発生しない

デメリット

・一定期間(5年程度)は金融機関での借り入れができなくなる

【任意整理】のメリット・デメリットは?その後の生活はどうなる?

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

②民事再生

一言で言うとどんな人向け?
→破産をして家を手放すことを避けたいといった方向けです。

任意整理と似ているようで違うのが、裁判の有無です。任意整理の場合には、裁判をせずにいわゆる「示談」のような形で和解まで持っていきます。民事再生の場合には、裁判が必要となるため、裁判所での判断が必要となります。一般的には、弁護士に頼むことによっていち早く解決することが出来ます。

また、債務整理の中でも任意整理は割と少額の借金となるのですが、民事再生の場合には住宅ローン以外の借金額が5,000万円未満の場合に適用されます。ですので、こちらのほうが多額の借金を抱えた人向けとなります。

メリット

・多額の借金(5,000万円まで)の対応が可能
・現在の借金を大幅(約80%程度)減額できる
・申し立てをした時点から取り立てがなくなる(裁判の判定が出るまで返済をしなくてもよくなる)
・ギャンブルやその他浪費などで作った借金でも可能
・会社などに知られることがなく、現在就いている仕事を継続することができる
・財産を処分する必要がない。

デメリット

・借金を大幅に減額した後であれば完済できると判断された人しか利用できない
・住宅ローンの返済額は減額されない
・一定期間(5年程度)は金融機関での借り入れができなくなる

民事再生で借金地獄からの解放を目指す!持ち家も守りたい人にも◎

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

③自己破産

一言で言うとどんな人向け?
→完済できる能力がないため、とにかく借金をゼロにしたい人向け

メリット

・借金を全てなくすことができる
・生活に必要な財産は処分する必要がない
・弁護士が依頼を受理した時点ですぐに支払いを止められる
・借金の金額にかかわらず手続き可能である

デメリット

・マイホームがある場合には手放す必要がある
・自己破産をした後、就ける職業などに制限がかかる
・一定期間(5年程度)は金融機関での借り入れができなくなる

自己破産するとどうなる?年金や生活などへの影響は?

持ち家や住宅ローンはどうなる?

任意整理の場合

住宅(持ち家)は差し押さえされることはありません。また、住宅ローンの減額は原則対象外となっています。

民事再生の場合

住宅(持ち家)は差し押さえされることはありません。また、住宅ローンの返済金額の減額はあまり認められないようです。全てのケースで減額なしとなるわけではないようなので、弁護士に相談するのがいいでしょう。

自己破産の場合

住宅(持ち家)は差し押さえされるので、ローンの返済はしなくても良いことになります。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

 

クレジットカードは持てるの?

債務整理をすると、ブラックリストに載っている期間は、新しくカードを作るのは厳しいといわれています。既にお持ちであるクレジットカードについても、更新のタイミングで解約となる可能性が高いでしょう。更新時以外でも、数ヶ月ごとに信用情報をチェックしている会社もありますので、更新を待たずとも解約になる可能性もあります。

カードがほしい場合には、クレジットカードではなくデビットカードを持つようにしましょう。年収に関する審査がないのに加え、すぐに口座から引き落としされるため、使い過ぎも防止できます。もしもどうしてもクレジットカードが必要な場合は、クレジットカードを所有している家族にお願いして、家族カードをつくってもらうかです。

携帯電話はどうなるの?

債務整理をする前に保有している携帯電話に関しては問題ないでしょう。携帯電話の支払いを債務整理の対象にしなければいいだけですので。ただし、債務整理後に携帯電話を購入する際には、分割払いはローンと同じ扱いになりますので、しばらくの間、一括購入以外は厳しいでしょう。

最後に

3つの債務整理について解説をさせていただきましたが、いずれもメリット・デメリットはあります。そのため、弁護士などの専門家に意見を聞いた上で、あなたにとって最適な債務整理の方法を選択する必要があります。借金のお悩みを早めに解決できることを願っています。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。