借金のせいで離婚|10パターンの借金にまつわる離婚

   2018/01/22

意外に多い?!離婚の原因となる様々な借金

離婚に理由は様々ですが、借金が原因で別れる夫婦も少なくないのです。
金の切れ目は縁の切れ目とはよく言ったものですが、借金を甘く見てはいけません。
離婚なども含め、借金で運命が変わるといっても過言ではないでしょう。
実際に離婚の原因が借金で、離婚までに至ったパターンを紹介していきます。

パターン1:夫の金遣いの荒さが原因

しかし、彼の消費は、結婚してからも一向に収まることはありません。いつもブランド物で身を固め、毎晩のように飲み会。その飲み代も一晩で数万円という金額でした。独身時代と同様にお金を散財し続けるのです。

 

うちの旦那さんは、よく外見を褒められることが多く、本人もそれを意識してファッションやアクセサリーなどに気を使っていて、お金も躊躇無く使っていました。結婚する前からそうでしたが、給料も高く、生活を圧迫する程ではなかったのであまり気にしていませんでした。

結婚してからも特に変わる様子は無く、それどころか飲み会も増え、ブランド物もどんどん高くなっていってる気がしました。
飲み会などは1回で数万円払う場合もあり、貯金どころではありませんでした。

貯金が出来なかったこともそうですが、私が夫の給与額を知らなかったことが原因です。
夫は毎月全てのお金を使っていました。さらにはクレジットカードのキャッシングの利用も判明し、貯金どころかマイナスです。

私の妊娠が分かり、会社を辞めたタイミングで私に家計を任せて欲しいと夫にお願いしたところ、家計を私に任せられないと言われました。
子供が生まれてくることで貯金をしなくてはいけないのに、今の生活のバランスは崩したくないので出来ないとも言われました。

そんなことでは生まれてくる子供を育てることは出来ないので、別れを決意しました。もちろん、出産する前に。
こんなにも浪費がすごい彼なので今後も同じように浪費を続け、借金まみれになっていくことでしょう。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かるサイトです。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

【街角法律相談所】入力はかんたん30秒!匿名・完全無料でいくら借金が減るかを確認していただけます。

パターン2:ギャンブル

お小遣いの範囲で楽しみに一環として行うギャンブルを否定はしません。
ただ、うちの旦那は違ったのです。

旦那は毎日のようにパチンコにいき、どこからそんなお金があるの?と聞いたときに「買ったお金で回している」と答えていました。
その時は何も疑わなかったのですが、今思えばそんなわけないんですよね。

ある日、旦那の鞄から消費者金融の封筒を見つけてしまいました。
頭が真っ白になって旦那を問い詰めると「俺が使うためのものじゃない、会社の同僚のために」のようなことを言われました。
そんな都合のいい話はあるわけないと思いつつも、心のどこかで旦那を信じたいという気持ちもあったのです。

その場は旦那の言い分を聞きましたが、疑っていた私は会社帰りの旦那を尾行しました。
そして、やはり旦那は消費者金融のATMを利用し、その足でパチンコ屋に行ったのです。

封筒を見つけたときからなんとなくわかってはいたのですが、実際に光景を見て本当にショックでした。
何より、私に黙って嘘をついて借金をしていたことが許せないのです。
出来た溝は埋まらずにそのまますぐに離婚しました。

パターン3:連帯保証人になった

夫の仲の良い友人が会社経営をしていて、その友人が会社を起こす際に我が家を訪問し、「迷惑をかけないから連帯保証人になってほしい」とお願いしに来たことがありました。
学生のころからの親友の頼みとあって夫も気持ちよく了承していたのを記憶しています。

そして友人の会社が倒産し、夫宛に連絡が入りました。負債額は4億3千万円。私たちには到底払える金額ではありません。
我が家には子供が二人いますし、離婚することで私と子供たちが負債からのがれるようになる選択肢を選びました。

そして夫は離婚後に自己破産。友人とは一切の連絡がとれなくなり、裏切られ、自分の人生をも台無しになってしまったのです。
連帯保証人にさえならなければ、しっかりと理解していればこんなことにはならなかったと思いました。

パターン4:会社のお金へ手をつけてしまった

私の身近でテレビでしか聞いたことのないような横領が起こるとは思ってもみませんでした。
横領したのは私の叔父です。経理担当部長で真面目な叔父だったので本当にショックでした。

何故横領したのかは後に聞いたのですがギャンブルだったそうです。
ギャンブルをするように見えなかったのに、かなり重度のギャンブル依存症でした。消費者金融彼も借り入れは限度額までいっており、最終的に会社のお金を横領したのです。

発覚した後は叔父は姿をくらませ、自宅は借金のかたで押さえられました。
叔母とも離婚したと聞きました。

借金でこんな大事件になってしまい、周りの人にも迷惑をかけ、本当に叔母がかわいそうでした。人生何が起こるか本当にわかりませんね。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かるサイトです。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

【街角法律相談所】入力はかんたん30秒!匿名・完全無料でいくら借金が減るかを確認していただけます。

パターン5:浮気相手に貢ぐ旦那

結婚してから家計はすべて旦那が管理していました。何度か私にも見せて欲しいとお願いしましたが聞く耳を持ってもらえませんでした。
それでも普通には生活できていましたし、貯金額など不明でしたがあまり気にせずにやってきました。ところがある日、旦那のクレジットカードの利用明細を見たときに、私に家計簿を見せてくれない理由がわかりました。

クレジットカードの利用額がかなり多く、さらにキャッシングまで利用していました。旦那は「仕事で使った」と言っていましたが休日の利用もあり、あきらかに嘘をついていました。

調べていくと、クレジットカードは旦那の浮気相手が持っており、利用もその女性がしていたものでした。
女性と不倫していた旦那は女性から不倫関係を解消したいといわれ、クレジットカードを渡すことのかわりに関係を続けていたと。
本当に馬鹿ですよね。救いようの無い馬鹿なのでもちろん離婚しました。

今考えても本当に情けなくなります。

パターン6:風俗に通うため

私が主人と離婚した理由は主人が借金をしていたからです。
借金したお金は風俗に使っていました。

主人が借金をしていること、風俗に通っていることも知りませんでした。消費者金融からの取立ての電話を私が受け、発覚しました。
すぐに主人を問い詰めましたが、開き直って「自分で働いたお金を使って何が悪いんだ」と言い放ちました。

その態度が許せず、小さな子供が二人いましたが子供を連れて離婚しました。
素直に謝ってくれさえすれば離婚まで至らなかったかもしれませんが開き直った態度と事の重大さをわかっていない主人に愛想がつき、すぐに離婚しました。

離婚の話し合いの時に、養育費の話になりましたが主人は養育費も払えないくらい借金が膨らんでいたのです。
今後の生活にも不安がいっぱいです。子供たちに何も罪は無いのに、何故こんなことになってしまったのかと日々後悔の繰り返しです。

パターン7:職場のノルマのための補填

うちの旦那の会社では、上期と下期に別れて毎年ノルマが課せられます。お歳暮などを売る仕事をしているのですが、友人や親戚などにもあたってどんなことをしてでもノルマを達成させなくてはいけない雰囲気でした。

そんな会社の雰囲気もあるとは思いますが、旦那は私に内緒で借金をしていたのです。理由は達成出来なかったノルマの買取です。
そこまでしてノルマを達成させる理由が私には理解出来ず、会社を辞める事を勧めましたが、その後何故か義母に私が悪いと怒られました。

義母と旦那が私を悪者にし、何故か借金をしている旦那が正しいという雰囲気になり、我慢出来ずに小さい息子一人と一緒に離婚を決意しました。

パターン8:失業のタイミングで生活が苦しくなった

私の主人は会社のリストラで半年程失業しておりました。
でも私が知ったのはリストラがあって半年後のタイミングだったのです。

その間主人はリストラの事を私に隠していて、消費者金融でお金を借りて同じ額を私に渡し続けていたのです。なので半年間私は気がつく事も無く、信じていました。
昔からプライドが高く、私に打ちあけられなかったのでしょうが、とうとう打ち明けて来たときには借金額は大きくなり、さらに再就職先も見つからずに頭が真っ白になりました。

最初から正直に打ち明けてくれさえすれば、こんなひどいことにはならなかったのに。主人の見栄のせいで私たちの生活までむちゃくちゃにされて、本当にショックです。

パターン9:趣味の範囲を超えた夫

夫はもともと車が趣味で給料のほとんどを趣味の車に費やしていました。
年々それも度を超えて、借金までしてカスタマイズ?をしているみたいでした。

そんなに給料が高い訳でもないのに私に相談もしないで次から次へと借金してカスタマイズしての繰り返しでした。子供が二人居て学費も貯めなくてはいけないのに、そんな相談にも耳を傾けてくれずに、最終的には1ヶ月の給料の額面を超える額を借金したので離婚を決めました。

養育費や慰謝料は望める相手ではない事は分かっていますが、一緒に住んでいる不安やストレスを考えたら離婚を決めた事は後悔していません。

パターン10:義父の借金のせいで

投資話が大好きな義父が勝手に親戚の土地を担保に借金をしていた事が判明し、親戚中で大問題になりました。なんでも4000万をすぐに支払わなければ土地を押さえつけられるとやくざのような人達に言われたのです。
最初は私たち夫婦は他人事のように見えていましたが、なんと義父が4000万については私の旦那である息子が用意すると言ってしまったのです。

私たちが被害を受ける意味がわからなく、断固拒否をしていたのですが親戚中から親の後始末をしろと白い目で見られ、ヤクザが家に来るというので、もう何がなんだか分からずに怖くて私は実家に帰りました。

その後、私たちの家が変わりに押さえられた形になったのですが、そのまま私たちは離婚に発展しました。

謝金の被害は当事者だけではない

色々と借金が理由で離婚まで至ったエピソードをご紹介してきましたが、どうでしたか?軽い気持ちで借り入れをして、それが膨らみ、生活に支障がでてしまう恐れがあります。

また、自分が借金をしなくても親戚の借金や保証人になったおかげで危険が舞い降り事もあります。

今回紹介したような危機にならないためにも、普段から円滑にコミュニケーションを撮るように心がけることをオススメします!

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かるサイトです。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

【街角法律相談所】入力はかんたん30秒!匿名・完全無料でいくら借金が減るかを確認していただけます。