借金を繰り返すのは病気?「借金癖」を治して借金返済する方法は?

   2018/01/22

「借金癖」という病気が存在することを知っていましたか?

財布がピンチなときにはとても便利なカードローンやキャッシングですが、何も考えずに借り続けてしまうと、思わぬ金額に膨れ上がってしまって返せないなんてことも有り得ます。さらには、返済をしてもなかなか借金をやめられず繰り返してしまうというのは、単にお金が不足したという理由ではなく、依存という病気かもしれません。気づかないまま、破産に至るまで延々と借金を繰り返してしまう人もいるようです。こういった方は身近にもいる可能性もありますので、どのような解決方法があるのかを紹介していきます。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

借金を繰り返す要因は何か?

まずお話したいのは、借金の使い道が何であれ、今の時代、お金を借りるはとてもカンタンなのです。カードローンやキャッシングを利用した経験が一度でもあればお分かりかもしれません。無人機やネットで完結など、窓口などのスタッフに会わずして、即日でも借りられるのです。そして、2~3回ぐらい使ってみると、あたかも自分の預金口座からお金を引き出すような感覚になるのです。そうなると借りることが当たり前になってしまい、借金を返済するために借り入れを行うなど、通常では有り得ないような資金繰りをし始める人も少なからずいるのです。

では、実際に借金を繰り返す要因を紹介していきます。

ギャンブルや浪費のための借金依存

ギャンブル依存症と借金はとても密接な関係にあり、負の相乗効果をもたらします。大勝ちしたときの体験が脳にインプットされギャンブルをしないと禁断症状が出る方も多くいます。日本でギャンブル依存症は推定で500万人を超えるとも言われています。また、買い物についても、身の丈に合わない大人買いや衝動買いなどをよくする人は、買い物依存症と言われることも多いです。パチンコなどのギャンブル依存症や買い物依存症も、精神的な病気の状態なのです。

借金を借金で返済するといった現実逃避

会社の退職、急な病気、さまざまな理由でいきなり大きなお金が必要になることは、人生で何度かあることかと思います。そういった理由により、月の生活費が不足してしまうことから、数万円程度借り入れて補填することは少なくないケースです。しかし、一度きりの借金で終わらせることが出来ず、その翌月も同様に借金をして補てんするという、自転車操業の生活になります。

生活水準が低くなってしまうことが受け入れられず、現実逃避をしたいといった気持ちがある場合には、このような悪循環に陥る可能性が高いでしょう。身の丈に合った生活を強いられることから逃げてしまいたくなるというパターンです。

借金癖といった病気のようにならないために

すでに借金が積もり積もってしまったという状態では、返済ペース自体も良くないことが想定されますが、まず第一にこの状況を自覚させることが必要です。

・これまで借り入れた金額や利率

・毎月の返済額 ※内訳(元金と利息額の返済額)も必ず把握する

・現行のペースで完済した場合のトータルの返済金額 ※内訳(元金と利息額の返済額)も必ず把握する

などを正確に把握し、本人への危機意識を持たせることが必要なことです。

「とりあえず毎月返済しているし」といった、目先のことしか気にしていない可能性も多大にあります。ですので、知り合いが無謀な借り入れなどを行っている際には、第三者による指摘・助言が不可欠になります。

本人に安定収入がある場合は、完済能力を持っている可能性がありますので、改善策を提示してあげると良いでしょう。まず第一に、毎月の返済金額の内訳を見て、元金部分の返済金額が利息部分の金額を上回っているかを見ましょう。もし、利息部分の金額のほうが上といった場合には、元金は全く減っていないということになるので、このままの状態では借金の完済が不可能ということになります。元金部分が上回っているのであれば、本人の収入などど照らし合わせて、もう少し借金の返済に回すことができないかといった指摘をしてあげるといいでしょう。

参考までに、当ブログの別記事で、「借金50万円」も返済方法によってはかなり高額な返済額になるといったケースを紹介しています。

借金50万円を超えたら注意!利息計算も併せて返済方法を解説

借金返済が不可能であるときの4つの解決方法(債務整理、過払い金請求)

上記で述べたように、利息分が元金部分を上回っている状況を改善できないと、将来に渡っても返済が不可能であることが想定されます。その場合には、「債務整理」を検討しましょう。債務整理とは、「任意整理」「個人再生」「自己破産」によって借金の一部もしくは全てを減らす手続きです。各々の手続きでメリット、デメリットがあります。

しかし、経済的に立ち回れなくなるほどの多額の借金で悩んでいる人にとっては、メリットのほうが多い解決方法になるので、検討する価値はあるでしょう。また、債務整理の手続きを開始すると、貸金業者は取り立てなどができなくなりますので、すぐに督促などから開放されることもでき、精神的なゆとりを取り戻すことも出来ます。

また、直接的な解決に繋がるかは分かりませんが、過払い金請求もひとつの手段として覚えておいたほうがいいですので、ご紹介することにします。

1. 任意整理

任意整理とは、弁護士や司法書士が貸金業者と借り主を仲介して進める手続きです。弁護士が借り主に代わって、返済方法や返済額の減額交渉を貸金業者と行ってくれるのです。もちろんこれは法的な手続きになるので、当然違法性はないです。効果としては、まず利息部分についてはすべて返済しなくてもよくなるでしょう。また、過去にわたって利息を支払っているのであれば、その分も借り入れた金額からマイナス調整をしてくれます。おおよそですが、現在の借金額は最低でも20%ぐらいは減るのではないでしょうか。これまで長年利息しか払ってこなかったという方であれば、100%減額といったこともなくはないでしょうね。

【任意整理】のメリット・デメリットは?その後の生活はどうなる?

2. 民事再生

民事再生は、任意整理よりも借金を減額する額が多いのがメリットです。金利部分だけでなく、元金部分についても減額対象となります。住宅ローンを除く5,000万円以内の借金が減額対象の上限となり、約80%もの支払いをカットすることができます。つまり、1,000万円の借金であれば200万円でOKとする内容となります。しかも、自己破産のように財産を処分する必要はありません。また、ギャンブルや浪費などによる理由の借金でも手続きが可能です。任意整理だけでは返済が不可能かつ、自己破産を避けたい方にとっては、最終的な着地ポイントを民事再生にすることを視野に入れてもいいかと思います。

民事再生で借金地獄からの解放を目指す!持ち家も守りたい人にも◎

3. 自己破産

多額の借金を抱え、将来に渡っても返済することが完全に出来ないといった場合の最後の手段が自己破産です。自己破産によって借金の返済義務がすべてなくなることが言うまでもなく最大のメリットとなります。しかし、民事再生や任意整理と違って、持ち家を処分しなければいけなくなるというのは大きなデメリットであることを抑えておきましょう(実家の場合には差し押さえにはなりません)。他にも、クレジットカードの新規発行などが出来ないといった、経済活動をしていく中で制限があるといったデメリットがあります。

自己破産するとどうなる?年金や生活などへの影響は?

4. 過払い金請求

平成19年に出資法という法律が改正され、現在では上限金利は年率20%と定められております。ひと昔前には、30%程度の金利を扱った貸金業者も存在していましたが、現在ではそのような金利を設定するのはNGです。
こういった背景もあり、平成19年より以前に金銭消費貸借契約を結んでいる方は、契約時と現在の出資法との金利の差額があると推定されます。
過去に払いすぎた金利を、貸金業者などに対して「返してください」と請求すれば返還に応じてくれる可能性があります。戻ってきたお金を返済に充てることで完済するといったケースも珍しくないようです。

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。