借金完済までの道!借金から解放されるまでの方法を紹介

   2018/01/22

まず「借金」というワードに臆さないで

借金と聞いただけでも嫌な気持ちになりますよね。
中には思わぬ借金を背負ってしまった人もいるかと思います。そして人には中々言いづらい悩みでもあります。そんな悩みを解決すべく、借金完済までの道のりを本記事でアドバイスしていけたらと思います。

まずは現状の借金を把握

借金額を正確に計算してみる

まず最初のステップとして自分の借金額を正確に計算し、把握しておきましょう。
利息などが増えた場合に、合計の借金額がいくらになっているのか把握していないという人もいるのではないでしょうか。ひとまず請求額を毎月返しているという方は利息に負われて完成が遠のく可能性があります。

消費者金融からの借金、クレジットカード、住宅ローンなどすべて借金として扱われます。

利息についても計算する

元金把握の次に、利息の計算もしましょう。
ショッピングなどのリボ払いとキャッシングをした場合では差があったりしますので、自分で契約しているローン会社などの利率はしっかりと計算・確認を行いましょう。

基本的に会社側は利息で儲けを出していることから、無利息で借金は行えません。ただ、利息は借入状況などによって変動しますので、そちらもしっかりと確認しておきましょう。

借金完済までをシュミレーションで

意外に知られていない方法として完済シュミレーションです。
自分の返済目処はどくらいまでなのかというのを知れるので完済イメージがつき、かなり役立つことでしょう。
先ほど確認した借金額と金利が分かれば簡単に行えますのでオススメです。

さらに、毎月の返済額を増やした場合に完済がどれほど短くなるかなどもシュミレーションで分かるります。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

毎月の返済金額を増やしてみる

高額じゃなくても大丈夫

シンプルに考えて、完済を早く終わらせるためには早く返済を済ませることです。
この考え方はとても単純ですが、借金が嵩む人にありがちなのが足りなくなったらまた借りればいいという借金癖なので、この考えを持っておくことがとても大事なのです。

たとえ毎月1,000円であっても返済額を増やしてみることで、1年経過すれば1万2千円分も多く返済しています。これが2千円だった場合は二倍の2万4千円です。

個人の状況にもよりますが、可能な限りで返済額を増やしてみましょう。

臨時返済も効果的

毎月の返済額のアップはどうしても難しいとお考えの方には臨時返済は如何でしょうか?
ボーナス時などによく使われているようです。ボーナスなどがない人は毎月ではなく2ヶ月に1回など小額でも臨時返済を使用するところから始めてもいいと思います。

リボ払いには要注意

終わらないリボ払い

借金返済の方法で「リボ払い」というものがありますね。どうやらリボ払いは下手するとずっと完済が出来ない仕組みになっており、利用するときには要注意です。

どういう仕組みかというと、クレジットカードやキャッシングなどを利用した場合に、毎月定額で返済していくシステムです。分割払いと似ていますが、分割払いは利用した件数に対して返済回数が指定されますが、リボ払いは総額にたいしての回数指定なのです。

毎月設定した最低支払い額をマイナスにならない範囲で返済するので、とても便利でお財布に優しいと思われがちなのですが、その最低支払額に甘んじているとほぼ利息のみ払い続け元本がなかなか減らず、利息もかさばりかなり返済が遅れる原因になります。

一見便利に見えるリボ払いも、お金も管理がきちんとできない人は利用を控えたほうがいいのではないでしょうか。既に利用をしている人は、毎月の支払額を出来るだけ上げることをオススメします。

借金をまとめる方法

おまとめローンはご存知ですか?

複数の別の借金があり、返済も毎月複数のものにおわれている場合に利用が出来るおまとめローンというものをご存知でしょうか?ローン会社などが出している商品で、最近では銀行でも取り扱っていることがあるそうです。全ての借金を一本化することにより、利息と返済額を少なくしましょうというものです。

一本化してまた別の借金を借りては意味がないので、こちらのおまとめローンを利用する場合は、本当にもう借金をすることが無いという場合に最終手段として使うことがオススメですよ。

取扱いしている銀行は、みずほ銀行のカードローン、三菱東京UFJ銀行のカードローン、東京スター銀行のおまとめローンなど大手の金融機関で利用可能となっています。金利は各社違いますので、しっかりと調査をしてから利用するのが良いと思います。

こちらの利用については、審査があり、それを通過すれば利用できることになっています。
審査内容としては職場への在籍連絡や、収入の証明などです。よくクレジットカードを作成する際に会社などに連絡が入りますが、ああいったもので、あまり会社名を名乗らないケースが多いみたいですが、連絡をされると困る方は考えてからの利用をオススメします。

相談することも大事

借金はなかなか人に相談できないという方も多いと思います。それが身内であったとしても、躊躇してしまう人は多いでしょう。その考えを逆手にとり、こんな恥ずかしいこと二度と相談できない、迷惑はかけられないと思いを再認識するためにも相談が良いという声もあります。

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

お金にたいしての意識を変えてみる

クレジットカードが無くても生活は出来る

借金をしてしまう人に多い思いとしては「今この瞬間がよければいい」と考える人もいますので、そういった考えを改める必要があります。特に複数のクレジットカードを所持しているなどの場合は、1枚に限定するかもう持たないと思い切った行動がかなり大事です。

特に、今月は使わないぞと強い意志を持っていたとしても、通販などカードですぐに購入できてしまいますし、手元に現金が無くても衝動が買いが出来てしまうからです。
手元に現金が無くカードもない場合は一度お金を下ろしてくる行為が発生しますので、「面倒くさい」「そこまでして欲しいものじゃない」と冷静に考え直すことも出来るのです。

最初はカードを持ち歩かない、現金で支払う癖をつけるなどから始めてもいいかもしれませんね。

現金で支払うように意識する

借金完済への近道はやはり現金払いにつきるのではないでしょうか。クレジットカードにするとつい繰り上げされてしまうので、自分の身の丈に合わない支出なども抑えることが出来やすくなります。

1ヶ月の給与にたいして本当はマイナスなはずなのに、「カードで買っちゃえ」という経験はしたことある人が多いと思います。たとえそれが必要な出費だったとしても、現金で購入することでマイナス意識を持っておいたほうがいいのです。

借金完済まで

これまで説明してきた通り、借金というのは作るのは簡単に出来てしまいますが、利息などで完済が難しいということが明確になったと思います。現状はクレジットカードや消費者金融においての借金額は年収の3分の1が上限になっているというこもあって、返済に苦しむ人が多かったことが原因の可能性もありますよね。

借金返済の考え方として、使った分以上のお金を返す必要がありますから、生活の中で節約や我慢が強いられます。記事で紹介した内容が少しでも参考になれば幸いです!

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。