借金の「保証人」の保証範囲はどこまで?知っておきたい保証人の種類や実態

   2018/01/22

そもそも、借金の「保証人」って?

色々なシーンで聞くことのある「保証人」ですが、その「保証人」は幾つか種類があるのです。安易に引き受けて借金苦になり、ひどいことになった…。なんて話も聞きますので、種類について知っておくと便利でしょう。

保証人の意味についてですが、その名の通り、お金を借りる人の保証をする人のことを指します。借りる本人が返済を完了するまで保証するというものなので、借りている本人が借金できない状態などになったら、代わりに保証人が返済をするというケースもあります。

ただ、賃貸業者などから保証人に返済の請求があった場合には、保証人は借りた本人に請求することは「催告の抗弁権」として権利がありますのでこちらも頭に入れておくと良いでしょう。

保証人はどこまで保証すればいい?

保証金額の範囲は、借金額の元金と、利息を含めた総額になります。
そして保証人となる人が複数いる場合には、総額を人数で割った額になります。

先程、「催告の抗弁権」を紹介しましたが、借りている本人が返済能力(財力など)があるにもかかわらず、返済を滞納した場合に保証人に連絡が来るケースがありますが、その時は保証人から賃貸業者に、借りている本人に問い合わせてくださいと言い切ることができます。こちらの権利は「検索の抗弁権」となります。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

借金の連帯保証人を頼まれたら

保証人について説明致しましたが、「連帯保証人」は「保証人」とは違います。借金返済までの保証人となり、返済が滞った場合に保証人が返済をしなくてはいけないという部分については共通しますが、先ほど説明した「検索の抗弁権」や「催促の抗弁権」が無く、実際に借金をしている本人と全く同じ立場になるということです。

検索の抗弁権がないので、本人が返済能力がある状態でも、連帯保証人に返済の催促が出来るのです。
こういったことから通常の保証人よりもかなりリスクが大きいと考えられますので、連帯保証人になる場合は信頼できる相手かしっかりと考えてから受けましょう。

勝手に借金の保証人にされる?

何とも恐ろしいことですが、実際にありえるのです。
借金の種類にもよりますが、実印や印鑑証明書さえあれば保証人に登録出来て借金が可能になってしまう事もあるのです。
覚えの無い督促状が手元に届いて来て初めて保証人になっていると気づくケースもあります。

こうなった場合は即、弁護士などに相談しましょう。無権代理行為といって本来なら認め行為なので、内容証明などを送り、処置をとる必用があります。
最悪、裁判になることも。ただ、筆跡などで証明出来るケースが多いとのことなので、とにかくまずは弁護士に相談ですね。

借金の保証人の断り方

色々なリスクのある保証人ですから、出来れば保証人にはなりたくないですよね。ただ、仲の良い友人やなかなか断りにくい間柄の人にいきなり深刻に頼まれてしまった場合、とっさに受けてしまったなどという人が実際に多くいるんです。

そんな時のために断り方をシュミレーションしておくと良いでしょう。

まず、その場をおさめる方法としては「いったん持ち帰る」といいと思います。
その後、家族や奥さん・主人に反対されたなどと言って断る方法です。
また、おじいちゃんの遺言で「保証人にはなるな」と言われたという断り方も有効です。理屈じゃないんだという雰囲気を漂わせて断りましょう。

保証人を断れないと起こるデメリット

保証人になった場合に、起こるデメリットはたくさんあります。
先ほども説明したように借金を代わりに返済する事もそうですが、借金が返済出来ずに自己破産まで・・・なんてことにも、なりかねません。

自己破産の25%は連帯保証人が原因?

2019年頃に施行予定とされる債権法の改定ですが、改訂の発端となったのは連帯保証人になった事により、他人の借金を抱え込み、自己破産になってしまう人が非常に多いとされていることからです。

日本弁護士連合会の調査では2011年度の連帯保証人になった事により自己破産した人が2万人を超えている事が分かっています。これは自己破産全体数の25%の数字です。

他人の借金で年2万5000人が破産
日本弁護士連合会(日弁連)の調査では、個人破産の原因の約25%は「他人の借金」の負担です(「2011年日弁連破産事件及び個人再生事件記録調査)。2011年の個人破産は約10万件ですから、毎年2万5000人もが他人の借金のために破産しているのです。

そうした弊害をなくそうと、2006年、各都道府県の信用保証協会が第三者保証を原則廃止し、金融庁も2011年に改正した銀行向け監督指針から、第三者保証を取らないよう指導を始めます。

引用元:yahooニュース

保証人の種類は様々。だけど連帯保証人には注意が必用

まとめると、保証人には種類がいくつかありますが、自分の借金と同じような扱いになる連帯保証人には本当に注意が必用です。

これは血のつながった親子や親戚であっても同じことです。
金の切れ目が縁の切れ目といいますが、友人関係に置いても、連帯保証人を断ったからといって崩れてしまうような人間関係なら、その程度だと思って割り切っておいた方が身のためです。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。