借金の踏み倒すのは可能?合法な手段をお伝えします

   2018/01/22

実は借金を踏み倒すことは可能

借金の踏み倒しとは、返済日が来てもお金を支払わずにやり過ごすことです。

借金には返済期間が決められており、それが「時効」になれば借金を踏み倒すという事になりますので、この時点で借金の踏み倒しは可能になります。
単純に、返済日が来ても返済をせず、督促も無視し続ければ時効が成立するわけですが、そう簡単にいかないのが借金というものです。
また、自己破産をする事で借金を踏み倒すケースもあります。

上記の通り踏み倒す事は可能なわけですが、踏み倒す事により、様々なデメリットがあることを忘れないで下さい。

借金を踏み倒した場合に起こりうることを記載していきたいと思います。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

借金踏み倒しのデメリット1:もちろん今後一切借金が出来ない

いわゆるブラックリストに追加されてしまうので、金融機関からの借金はもちろん、クレジットカードの利用・作成なども出来ません。

クレジットカードが使えなくなるのは生活がとても不便になりますね。キャッシングもできないわけですから、急な出費などに備えてある程度の貯蓄は必用になりますし、踏み倒しの代償としてはかなり大きいのではないでしょうか。

借金と聞くと何百万単位のお金・・・と想像する人も多いかと思いますが、携帯代金も未納だと借金扱いになり、延滞し続けると踏み倒し行為になりブラックリストに登録されてしまいます。公共料金なども同じ扱いです。

借金踏み倒しのデメリット2:時効の援用

時効が成立してしまえば借金は踏み倒しとなるわけですが、期間が過ぎたので自動的に時効になるという訳ではありません。時効を成立させるためには「時効の援用」が必用になります。

時効の援用とは、時効に必用な期間(5年もしくは10年)が経過した場合に、債権者にその事実を内容証明などで伝えることです。

内容証明などの書類を作成するのには、法律などの専門的な知識が必用になりますので、個人で作成するのは難しいでしょう。大半の人は弁護士などに依頼しています。

弁護士などのプロに依頼するとなれば、依頼料が発生しますので、出費が発生します。平均的には2〜3万ですが、内容によっては成果報酬といった形でも料金が発生する場合があります。

借金踏み倒しのデメリット3:精神面でのストレス

金銭的には借金を踏み倒したということで精神的には軽減されるかもしれませんが、その代償としてはリスクが大きすぎるくらい精神面でのストレスが発生するでしょう。
例え自分が借りてないお金(連帯保証人による借金など)だとしても、繰り返される督促を無視し続けるのは並の精神力では持ちません。

借金踏み倒しのデメリット4:相当の覚悟が必用

借金を踏み倒す場合は、相当の覚悟が必用になります。社会的制裁はもちろんですが、取り立てなどから逃れるために夜逃げをする人も多く居ます。今までのコミュニティには戻れず、孤独からはじめなければならない事態にもなるのです。

時効の中断が起こる可能性がある

そして知っておいた方がいい事ととして時効の中断がありえるということです。
時効の中断は、裁判になった瞬間に発生します。

時効についての記事は下記で詳しく記載しています。
時効になる借金がある?時効成立までの条件とは

踏み倒しをする前にしっかりと返済計画を

結果的に踏み倒しをする事になることもありますが、やはりデメリットの方が多いのでしっかりと返済計画を立てる事が重要ではないでしょうか。

弁護士に相談はお金がかかるイメージはありますが、カウンセリングは無料のところも結構あるので一度相談してみるもいいかもしれませんね。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。