借金払えない!どうしようと思ったときの合法な借金帳消しの方法!

   2018/01/22

借金がかさなり過ぎてパニックになる前に、落ち着いてください

ひとたび借金地獄に陥ってしまうと、そこから抜け出すのは並大抵のことではないでしょう。浪費癖やギャンブル癖などが原因で、カードローンやキャッシングで借り入れた金額がとてつもないことになっていたということも、世の中では少なくありません。また、やむをえず借金を抱えてしまったという場合もあるでしょう。

そんなときに、借金を減らしてくれたり、帳消しにしてくれる手段があればなぁと思ったりもするでしょう。

実際に、合法な手続きで借金を減らしたり、帳消しにする方法は存在するのです。もちろん、デメリットもありますが、今の生活が一向に改善されず、このまま借金まみれで人生を終えることになるよりはよっぽどマシです。では、どのような方法があるのかを紹介していきたいと思います。

どうにかして借金生活を終わりにしたいと真剣に考えている方にはとても有効な方法だと思いますので、最後までお付き合いください。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

借金が払えない(返済できない)とどうなる?

まず借金の減額や帳消しの方法について説明する前に、このまま借金が払えないとどうなってしまうかを考えてみましょう。

「強制執行」となって最悪の場合は差し押さえも

借金をする、つまり金融機関からお金を借りるという行為は、事前に契約を交わして初めて成り立つものです。その契約では、借り主が借りたお金を返せなかった場合にどうなるのかといった内容が記載されているケースがほとんどです。

そして返せなかった場合のパターンですが、基本的には「強制執行」となります。

 

強制執行とは?

強制執行手続は,勝訴判決を得たり,相手方との間で裁判上の和解が成立したにもかかわらず,相手方がお金を支払ってくれなかったり,建物等の明渡しをしてくれなかったりする場合に,判決などの債務名義を得た人(債権者)の申立てに基づいて,相手方(債務者)に対する請求権を,裁判所が強制的に実現する手続です。

(裁判所の公式サイトより引用)

 

つまり、お金を借りた金融機関によって、裁判を起こされてしまえば、負ける可能性がかなり高く、負けてしまえば差し押さえなどが強制的に行われるといったことになります。

したがって、借金を放置することに関して全くメリットはないのです。

差し押さえを回避するための方法

恐らく、以下の状況に当てはまっている方は、借金を完済できる見込みがないかもしれません。

・支払いが滞っており、遅延損害金などを支払うように金融機関から通達されている(いわゆる取り立てをされている)

・毎月返済はできているが、このまま返済し続けても金利部分だけでの返済となってしまい、元本部分が減らずに完済のメドがつかない

 

しかし、上記でご説明したとおり、このまま放っておいても状況は良くなることはありません。むしろ、差し押さえなどが発生し、状況が悪化する一方ではないかと思います。

そんなときに有効な手段はズバリ、債務整理を行うことです。

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

借金を減らす・帳消しにする方法として「債務整理」が有効

債務整理とは、国が認める借金の減額・免除方法です。手続きをすることで、借金がゼロになる方法もあります。債務整理には3つの方法がありますので、それぞれ説明をしていきたいと思います。

「任意整理」「個人再生(民事再生)」「自己破産」の3つです。

①任意整理

まずは「任意整理」です。「任意整理」を行うことによって、借金の金利部分を返さなくてもいいことになります。つまり、金利部分をカットしてもらえれば借金を返済することが可能であるといった方向きの手続きとなります。

金利が高いと、当然返済するトータルの金額が増えてしまうため、元金(当初借りたお金)への返済ができず、金利部分だけしか払っていないといったケースにはとても有効な手段です。さらに、過去に支払った金利分も元金総額から差し引いてくれるため、これによって借金を帳消しにするどころか、還付まであったというケースもあります。金利部分がなくなるので、一般的には借金額の20%程度は減らすことが出来るでしょう。

任意整理を行うことで、財産を処分しなくても済むため、先ほど説明した「強制執行」になる前にこちらの手続きをしてしまいましょう。

②個人再生(民事再生)

続いて「民事再生」です。民事再生は、任意整理のように金利部分をカットしても返済することが難しいといった方向けの手続きです。そもそも借り入れ金額が大きすぎて、こんな金額は返せないよ!といったケースですね。

個人再生によって、元金部分についてもカット(返済免除)することができるのです。住宅ローン等を除いた5,000万円までの借金を80%以上カットすることができます。100%免除ではないですが、この効果はかなり大きいですね。しかも、持ち家を処分しなくてもいいところも大きいです。

③自己破産

上記で説明した「任意整理」「民事再生」を行っても借金を完済すことが困難である場合、最終手段として自己破産があります。自己破産といった名称を聞いたことがある人は多いでしょう。では、自己破産とは具体的にどのような形で借金を精算する方法なのかを詳しく見ていきましょう。

自己破産は、一言でいうと抱えていた借金をゼロにしてくれるマジックのようなものですよね。簡単な手続方法を言うと、裁判所によって、借金を返済することが不可能であることを認めてもらい、借金をゼロにしてもらいます。

自己破産が認められると、これまでの借金地獄から開放されることになります。自分で稼いだお金は、生活費をはじめとした自分のために使うことが出来るため、これまで切羽詰まった生活とは無縁の生活を送ることが出来ます。

ただ、想像はつくかもしれないですが、こんなに美味しい話だけではありません。自己破産が認められた場合には、20万円以上の財産、99万を超える部分の現金は全て処分されることになります。生活に必要な物は残されますが、マイホームなどこれまでの生活の基盤であった環境がなくなる可能性があることは注意して置かなければいけません。

最後に

借金の返済で、人間らしい生活が失われてしまっている場合、すぐにでも一歩踏み出せる方法をお伝えしました。債務整理をすることによって、働けなくなるといったことはありません。また、任意整理と個人再生(民事再生)であれば家を守ることはできるので、生活も守られます。金融機関によって強制執行される前に、債務整理をして人生をリスタートできるように願っております。

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。