ホストクラブにはまって借金までした体験談

   2018/03/19

今回はホストクラブにハマって借金が500万円以上にもなってしまった麗子さん(仮名)の体験談を紹介したいと思います。

ホストクラブに通うようになったきっかけ

当時28歳だった私は広告のデザインの仕事をしていました。憧れのデザインの仕事につけて嬉しくて毎日頑張っていたのですがクライアントの締め切りの都合などでほぼ毎日終電の日々でした。精神的にも肉体的にもかなり疲労がたまっていましたが、転職や会社を辞めるという選択肢が当時の自分には無く(今思うと、異常な精神状態だったのかもしれません)とりあえず忙しい毎日を過ごすのが精一杯でした。

そんなとき、彩花ちゃん(仮名)という2歳年下の女の子が会社に新しく入って来ました。初めて出来た後輩だったという事もあり、どんどん仲良くなりました。ある日、大きい仕事の納品が終わって彩花ちゃんと一緒に飲んでいた時に「麗子さん、この後ホストクラブいきませんか?」と彩花ちゃんから誘いがありました。
ホストはなんだか怖いイメージやお金がかかると思っていたのですが、初回は500円でも飲めると言っていたので、人生経験として1度は行ってみようかなという軽い気持ちで、彩花ちゃんに着いていくことにしました。

想像していたよりもホストクラブは楽しい場所?

お店についてみると、すごくキラキラした内装で、大げさですが異世界といったような感じでした。2時間のうちに10人くらいホストの人が交代で接客をしてくれました。

毎日同じの事の繰り返しで男性ともろくにデートなどしてこなくて、久々の会話がすごく楽しくて、刺激的な時間になりました。今思えばお金を払うお客さんに対しての当たり前の接客なのですが、女性扱いされること自体が嬉しく、そんなこと考える余裕もありませんでした。

最後に、ボーイの人が誰か送り指名してくださいと言ってきたので、次は来ることもないし誰でもよかったのですが一番楽しくはなせたかなと思ってた人を指名して、連絡先を交換してその日は帰りました。

最初は普通にご飯に行くだけだった

それから毎日ホストから連絡が来るようになりました。彩花ちゃんには「ホストは営業してくるので引っかからないように」と念を押されていましたし、お店に呼ばれるようなことがあっても断ろうと思っていました。

でも、楽しくお話ができていたホストから来た言葉は「お店じゃなくて麗子さんと一緒にご飯を食べに行きたい」というものでした。

楽しくてかっこ良かったし、お店に呼ばれないならいいかなと思い、「ご飯だけ」いくことにしました。
久々にお洒落をして、新しいバッグも買いました。もしかしたらこのとき既に少し好きになっていたのかもしれません。

ホストの彼とは楽しく食事をして、なんとごちそうしてくれたのです。

申し訳なくて、「割り勘にしよう!」と言ったのですが、「ここは俺に出させて。その分、ドリンクも何も入れなくていいからお見せに来てくれたら嬉しいな」と言われました。

食事も出してくれたので、「このまま一緒にいこう!」と私から言いました。それで、一緒にホストの働くお店に行きました。後で知りましたがこれが同伴なんですよね。
でもその日は本当に1セットだけで、お会計も1万くらいでした。楽しく飲めたし、彼もすごく喜んでくれたから満足でした。

行きたくもない会社の飲み会に2次会まで付き合うことと比べれは、楽しいお金の使い方だとさえ思っていました。

あっという間にホストクラブに貯金を全部使ってしまった

2回目に来店したその日から、ホストクラブ通いが始まりました。後輩の彩花ちゃんにはもちろん言えませんでしたが、ホストクラブに通ってから、毎日がすごい楽しくなったんです。指名している彼の喜ぶ顔を見て、私もすごく嬉しくて、生きている感じがしたんです。

仕事ばっかりの生活だったので貯金は300万くらいありました。また貯めればいいかな・・・という思いもあり、最初は10万ずつくらい引き出していたのですが、彼のバースデーイベントの時に一晩で80万くらい使ってしまったことがありました。

さすがにこのままではお金が無くなる・・・という感覚はあったのですが、どうしても歯止めが聞かず、貯金がそこをつくまで通いました。

彼は最初は行くだけでも喜んでいてくれたのに、次第にお金を使えなくなると、「今日はシャンパンとか入れてくれないの?」と悲しそうな顔をしたりつまらなそうな顔をしたりして、とてもつらくなり、また孤独になってしまうという不安もあって、クレジットカードからキャッシングしました。

キャッシングから消費者金融まで手を出してしまった

カードローン地獄

キャッシングも返済が間に合わずに、それを補うために今度は消費者金融にまで手を出してしまったのです。この時は、とにかく借りたお金を返さないと、また貸してもらえないという異常な考え方になっていました。

そんなとき、ホストクラブに通っているのを彩花ちゃんにバレてしまいました。彩花ちゃんも何度か行っていたらしく(私と頻度は全然違いますが)、私がお店の売掛金を払えていないと通っているホストから聞いていたみたいです。
恥ずかしい話ですが、後輩から指摘されて初めて自分の置かれている状況がわかりました。

借金は合計で550万にふくれあがっていました。

大金を借り入れてしまった現実を突きつけられ、ぱにっくになるかと思いきや、馬鹿な自分を冷静に見れてもいました。ここから、どうやってこの借金を誰にも迷惑をかけずに返済していくか。それを考えました。

個人再生で人生やり直し

借金返済方法について調べた結果、たどり着いたのが債務整理です。

債務整理によって払う必用の無い利息などが減り、借金が減る可能性があるということを知りました。私はすぐに近くの弁護士に相談しにいきましたが、今はネットでも簡単に診断ツールがあるみたいなので、気になる人はまず診断してみると良いと思います。

弁護士に相談したら、個人再生という方法での借金減額方法があることを教えてもらいました。人それぞれの状況によって色々と返済方法が異なるみたいなので、全部が個人再生が良いとは言えませんが。。。

私の場合は個人再生をして、200万ほど借金が減額になりました。借金返済までの道のりは長いですが、毎月生活に負担の無い金額で返済していっています。もちろんホストにいくこともなくなりました。

関連記事

【返済不要ってほんと?】ホストクラブへの売り掛け・借金

まとめ

いかがでしたでしょうか。麗子さんは途中から我に返り、個人再生という方法で借金返済を行うこと決めました。ですが、ホストにはまってしまった人はそこにたどり着くまでが本当に大変だとよく聞きます。

もし、この記事を見ている人でホストにはまっている人がいましたら、まずは冷静に自分を見つめなおすことをお勧めします。