【借金200万円~400万円】借金地獄からスグに抜け出す賢い返済方法

   2018/03/07

借金200万を超えたら借金地獄の始まり

借金が100万円ぐらいまでであれば、なんとか完済の目処がつくかもしれませんが、200~400万円のゾーンだと終わりが見えず、精神的にも参ってしまうことでしょう。そんな多額の借金を抱えた人たちの体験談を見るとともに、合法な借金の免除方法を知っていきましょう。

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

賢い返済方法は存在する!一番やってはいけないことは「放置」

どんなに多額の借金になってしまっても、夜逃げだったり放置したりすることは一番やってはいけません。現状から逃避したくなる気持ちは非常にわかりますが…。

というのも、お金を借りるときの契約内容として、「強制執行」への同意があるからです。どういうことかというと、強制執行(つまり差し押さえ)が実行されると、借りていた方の資産はほぼ全て失われても文句が言えないのです。これは困りますね。

実は、強制執行になる前に手を打っておけば、家をはじめとした財産を処分したりすることなく生活を送ることが可能なのです。なので、放置や夜逃げは絶対にやめましょう。

これを踏まえた上で、どのような手段があるのかを、体験談を踏まえて紹介していきたいと思います。ここで紹介する内容は法的に認められている方法(弁護士や裁判で決着をつけるもの)であり、踏み倒しなどをそそのかすようなものではありませんのでご安心ください!

ケース1:市民税とショッピングで計200万円の借金

大変恥ずかしいのですが、市民税の滞納やショッッピングによるクレジットカード利用で借金200万円超えました。内訳としては、ぞれぞれ半々ぐらいの金額です。契約社員から正社員へとつい最近昇格したばかりで、当面はボーナスを期待できません。また、ボーナスに関しても雀の涙のようなものなので、そこまでアテにはしていません。

また、月額は20万円と、毎月8万円ぐらいは返済に充てられそうですがこのペースでの完済だとかなり厳しいです。実際、借金返済のため、20万円は家賃と返済に消え、生活費のためにまたカードを使う・・・という悪循環な生活が半年以上続いています。

なお、家賃7万円程度の賃貸をしており、不動産、車などの資産は持っていません。自分が悪いのですが、精神的にもかなりきつく、何か良い方法はないでしょうか。

解決案:ショッピング分の借金を任意整理、市民税の滞納分は分割納付にしてもらう

今回のケースの場合、2つの種類の借金(ショッッピング、市民税の滞納)とありますので、対処法が2つ考えられます。それぞれ紹介していきたいと思います。

ショッピング分については、法律でも認められた債務整理といった方法で減額を申請するのがいいかもしれません。

「え?そんな方法あるの?」と驚くかもしれませんが、実際にあるのです。弁護士に依頼をすると、取り立てもすぐにストップし、貸し手の金融機関等へ減額の申し入れをしてくれます。ですので、こちらは完全に合法な方法となります。

債務整理といってもいくつか種類があるのですが、今回の場合は「任意整理」をするといいでしょう。任意整理とは、金利分の支払いが免除になる手続きです。金利分が減ることで、恐らく15%ぐらいは支払いがカットできると思われます。しかも、毎月の返済の2~3割ぐらいは金利の返済に充てられていると思うので、これまで減らなかった元本部分を今後はフルに減らしていけます。そうすることにより、返済の金額が減るだけでなく、今後の返済のスピードもかなり上がります。

また、これまで払った利息分についても返ってくることになりますので、半年間も払い続けていたのであれば、相当額の借金が減ると推察されます。まずは弁護士への無料相談をして、具体的にどれだけ借金額が減るのかを見てもらうといいでしょう。

市民税の滞納については、分割納付にしてもらうことをおすすめします。一括で支払うように役所から連絡が来るかと思いますが、払えないからといって放置していても始まりません。役所へ行き、事情を話すと、無理のない範囲での分割払いにしてもらえるケースがあります。現在、正社員になって安定した収入があることで、この金額であれば返せますといったことを証明することができれば、話し合いの結果OKとなることがありますので、役所へ行き、事情を説明しましょう。

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

ケース2:ギャンブル依存症によってパチスロにのめり込み200万円の借金

現在、30代後半ですが、大卒で社会人になったときからパチスロにのめり込んでいます。仕事終わりなどにも遊技場へ足を運び、それが唯一のストレス発散方法でした。物欲などはなく、パチスロをやること自体が目的でした。給料のほとんどが軍資金となり、足りなくなったら消費者金融で借りて、負けたら親に借金を肩代わりしてもらうといった形です。

2年前に、50万円ぐらいの借金を親に肩代わりしてもらいました。それを親に返済していく方法をとり、私自身もパチスロから縁を切る覚悟でいましたが、気付けば借金を繰り返しており、気付いたら200万円を超える金額になっていました。

さすがにもう、親にも頼れませんし、またギャンブルに手を出しているとも言えません。親はギャンブル依存から脱出していると信じており、もし現実を知ったことを考えると吐き気がします。

自分でまいた種であることは間違いありません。これを機に人生をやり直したいと思っていますので、自己破産以外で何か方法があれば知りたいです。

ケース3:お酒、ギャンブル、ショッピング…遊びが過ぎて300万円の借金

30代前半の男ですが、消費者金融5社から借り入れを行い、合計400万円の借金を抱えています。

最も古い借金は10年以上前からあり、多重債務状態です。現在はアルバイトを複数やっており、何とか凌いでいますが収入は借金返済でほぼ消えます。また、アルバイトなので収入も安定せず、借りたり返したりを繰り返しています。そのため、たまに滞納をすることもあって、遅延損害金なども発生したりしており、完済の目処はほとんどついていません。借金の返済をするために働いているような状態です。

すでに生活に支障をきたしており、いっそのこと自己破産をした方が楽になるのではと思っています。かれこれ10年くらいは消費者金融の金利を毎月払い続けています。お酒やパチンコ・スロットも大好きで、なかなかこの生活を変えることが出来ない、甘ったれ野郎です。

毎月の返済がやっとという状態なので、いつまでもこんな状態が持つわけがありません。もうどうしていいか分かりませんので、助けてください。

解決案:任意整理もしくは個人再生で借金を大幅に減らす

200~400万円の借金を背負って、金利部分の返済がやっとで、元本がほとんど減っていないのであれば「任意整理」もしくは「個人再生」をするのが妥当かと思われます。これらは債務整理という手続きにあたります。安定した収入があって、元金部分まで返せる余裕があればいいのですが、ない場合には債務整理も致し方ないと考えます。任意整理については、上記ケース1で説明させていただいたとおりなので割愛します。

個人再生についてざっくり言うと、借金総額の80%を免除してくれる手続きになります。80%ってかなりすごいですよね。300万円の借金を抱えているのであれば、240万円が免除され、残りの60万円を返済すればいいことになります。もちろん、これも法的な手続きなので、弁護士に依頼をするだけで進めることが可能です。取り立てもすぐにストップさせることができます。

デメリットとしては、任意整理と同様に、クレジットカードを利用できなくなることや、金融機関等での新たな借り入れが一定期間できなくなることです。ただ、メリットとデメリットを天秤にかけた場合、完済できない人にとってみればメリットのほうが上回るはずです。

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

最後に

多額な借金を抱えていたとしても、法的な方法で人生をリスタートできるということをお分かりいただけたでしょうか?

繰り返しの説明になりますが、借金を放置したり、元金が減らないままでは一歩も進んでいないも同然です。むしろ、解決までの期間を先送りしているともいえるので、事態は悪化しているとも言えるでしょう。

借金なんかで大切な人生を埋もれさせることなく、ご紹介した方法で借金をなくして、人生をリスタートさせましょう!

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。