【借金完済を本気で目指す】借金地獄から脱出する方法!

   2018/01/22

借金完済までの道のりは計画的に行えばスムーズになる

借金と聞くと、気が重くなりますね。計画的な借金(住宅ローンや自動車ローンなど)をして、返済できていれば問題はないのですが、不測の事態が起きて、収入よりもはるか大きな消費をしてしまったり、魔がさして思わぬ借金を背負ってしまい、返済に追われているとなると、なかなか他の人には言えない悩みですよね。
そんな借金をなんとか完済したいといった人向けに、解決方法を紹介できればと思います。

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

 

現状の借金を把握することから始めましょう

借金を完済するためには、まず自分がどれくらいの金額を借金しているかを正確に把握することが大事です。

当たり前のことに思えるかもしれないでしょうが、借金金額がいくらあるのか分からない、もしくはどんぶり勘定でしか把握しておらず、なんとなく毎月返済しているという方が意外と多いのです。

そういった意識の方は完済にほど遠くなってしまうので、本気で完済するために、自分の借金金額を細かく把握して、完済スケジュールをたてて返済に取り組んでいきましょう。

まず、把握すべきは「クレジットカード利用額」「自宅のローン」「車のローン」などの、何の借金をしているのかといったことです。クレジットカード決済や引き落としなどで詳細がわからない場合には、記帳をしたり、明細を確認することから始めましょう。

また、どんな借り入れ条件なのかを把握することも、とても大事です。「分割払い」「リボ払い」などの返済方法、そして、借り入れたときの「金利」や「返済金額」も知っておきましょう。カードローンやリボ払いの場合、返済金額は借り入れた金額によって変わってきたりもするので、条件が少し複雑です。ですので、明細などを見ても分からない場合には、問い合わせ窓口に聞いて確認しましょう。

上記の通り、借金完済をするためにはまず金額を知るというところからスタートしましょう。

借金返済のコツ・近道

返済金額を増やす

完済の近道は、少しでも多く、少しでも早く返済をすることだと思います。ふつうに考えれば当然ともいえる理論なのですが、借金をしていると借り癖がついてしまい、返済癖がなかなかつかないものなので、そういった発想になりにくいと思います。

例えば毎月3万円の返済をしているとしましょう。これに千円をぷらすして、3万1千円の返済に変更してみるとしましょう。

たったの千円で何がかわるのか、と思うかたもいるかもしれませんが、千円が12か月になれば1万2千円です。当たり前のことですが、その分多く返済できるということになるので、それが年単位になるともっと大きな金額になるということは言うまでもないでしょう。

可能な限り金額をプラスして返済額を増やす、という方法を取り入れてみるとよいでしょう。

リボ払いはしない

ローンの返済方法でリボ払いというものがありますが、こちらは非常にやっかいなようです。これを利用するのはきちんとお金の管理ができている人しか利用しないほうが賢明といえるでしょう。

リボ払いについて説明をしますと、ショッピングでクレジット角を利用した場合やキャッシング機能を使ってお金を借りた、カードローンの利用代金など、毎月のほぼ定額で返済していく返済方法のようです。

分割払いとの利息の付き方の違いは、分割払いはそれぞれ利用した件数に対して、返済回数を指定して返済しますが、リボ払いは、総利用残高に応じて設定されるようです。

毎月の最低支払額を下回らない範囲で、支払額を設定するので、定額支払で予定が組みやすく便利に思いがちですが、最低金額でずっと支払っていると元本のヘリが遅いので、残高に対する利息が払い終わるまでずっとついているのです。

こう考えると、リボ払いは利用者にとっては一見便利に見えて実は落とし穴がある返済方法だと思います。

多くのローン会社は5千円から定額で返済可能としているようです。しかし年率が分割払いより高く設定されている場合があります。

リボ払いをすでに利用している人は、完済するためになるべく臨時返済もしくは毎月の支払額を変更することをお勧めします。

借金をまとめる

おまとめローンというのをご存知でしょうか。銀行やローン会社が提供している商品で、複数の借り入れや負債があり毎月複数の返済に追われている場合、一本化してい毎月の返済額と利息を少なくしましょう、というサービスのようです。

これも一見親切なサービスのように思うことでしょう。確かに不親切ではありませんし、利用次第では生活が楽になりますので、ありがたいサービスではあります。

しかしよく考えると、借金を借金で一本化させて返済をする、ということですから借金をしていることにはなんら変わりはありません。

自転車操業のようなイメージですが、これを利用するのは他でまた借金をしては元も子もありませんので、一本化を利用するのでれば最終手段で借金はこれで最後という覚悟で利用するしかないでしょう。

こういったサービスを提供しているのは、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、住信SBIネット銀行カードローン、東京スター銀行 おまとめローンなど、大手の金融機関も提供しているので、各会社の金利を調べて利用することをお勧めします。

ただ、注意しなければいけないのは、誰もが簡単に借りられるわけではないようです。やはり審査はきありますので、一本化すればいいかという安易な気持ちで借金をしてしまわないようにしたほうがよいでしょう。

おまとめローンを利用する場合、審査をするにあたり、収入の証明が必要となることが大半だそうです。また職場への在籍確認もあるところが多いようですが、金融機関を名乗らず、個人名で連絡があるケースがほとんどですのでばれないように配慮はしてくれているものの、やはり個人名で連絡があるのはあまりよくない、という方はよく考えて利用するほうが良いでしょう。

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

それでも難しいなら債務整理を検討しよう

債務整理を端的に言うと、合法的に借金を減らしてしまう手続きです。弁護士などと連携しながら、借金を減らしたり帳消しにすることができます。3つの種類がありますので、それぞれどんな内容なのかを見ていきたいと思います。

債務整理①-任意整理

まず1つ目の任意整理は、金利部分を帳消しにしてくれる手続きのことです。弁護士や司法書士が、借り手の代理人のような形で動いてくれます。手続きを開始した瞬間から、借金の支払いが不要となります。

つまり、借り手からの支払いの催促などもピタリと止むため、精神的な負担もなくなります。過去の金利分にも遡及して金利を支払わなくてもいいようになるため、借金がゼロになる可能性もあります。

【任意整理】のメリット・デメリットは?その後の生活はどうなる?

債務整理②-民事再生

住宅ローン以外の借金額が5,000万円未満の場合に適用されます。この手続では、借金額を80%減額することが可能です。残った借金に関しては、新たに返済期間を設定し直して、無理のない範囲で分割して返済することができます。

自己破産の場合には、ある一定の職業を継続することができなくなるのですが、民事再生の場合には職業に対する制限はありません。また、住宅や車などの財産を失わずに済むため、家庭がある人でも安心です。

民事再生で借金地獄からの解放を目指す!持ち家も守りたい人にも◎

債務整理③-自己破産

債務整理の中でも最後の手段となるのが自己破産です。自己破産という単語は聞いたことはあるかもしれないですね。

すべての借金を完済するのが不可能であるという場合には自己破産となります。よって、自己破産が認められた場合には、借金の返済をする義務がなくなる、つまり借金が0円になります。

ただ、20万円を超える財産については全て処分しなくてはなりません。よって、実家であれば処分されることはないですが、持ち家がある場合には処分しなければいけません。デメリットもかなり大きいため、自己破産をする際には当然のことながら慎重に決めたほうが良いでしょう。

自己破産するとどうなる?年金や生活などへの影響は?

 

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。