誰にでも起こりうる生活苦による借金の解決方法

   2018/01/17

借金リスクは誰にでも存在する

借金を背負うということは、誰にでも起こり得ます。
住宅ローンや奨学金などの前向きな借金ではなく、借金を返済するための生活になってしまったり、家計が自転車操業のようになることも少なくないと考えます。
日本のサラリーマンの平均年収が400万円台であることを考えると、十分な貯蓄もできません。まして、既婚者で子持ちなどといった状況では、尚更家計が逼迫します。
そういった親の介護、不測の事態に陥れば、やむを得ず借金をしてしまうこいったことも往々にしてあるでしょう。

実際に生活苦による借金地獄に陥ったら?

では、実際に借金地獄に陥ってしまったら、どのような対処法があるのかを知っておきましょう。

もし、今後に及んで完済することが不可能であると判断した場合には、債務整理をしたほうがいいでしょう。

債務整理とは、法的に認められた、借金をチャラにする手続きのようなものです。よく耳にする「自己破産」も債務整理の一種ではありますが、これ以外にも「任意整理」「民事再生」といわれるような手続きがあるのです。

自己破産は、債務整理の中でも最終手段という立て付けとなっており、たしかに借金をゼロにすることはできるのですが、自宅を手放さなければいけなかったり、金融機関での新規借り入れができない期間が長かったりと、デメリットが大きいです。

任意整理や民事再生であれば、こういったデメリットも少ないため、借金を減らしながらリスクを低減することが出来ます。

債務整理を検討したほうがいいと思うレベルはこれ

以下のうち、ご自身にひとつでも当てはまった場合には、専門家への相談をおすすめいたします。

・返済の滞納を繰り返したり、もしくは滞納が常態化している

・借金を借金で返している

・毎月、決められた額を支払っているものの、借入残高が一向に減らない

・借入残高がそもそも高額すぎるため、将来にわたっての返済は不可能であると考えている

是非知っておいてほしいのが借金返済シュミレーターです。

このシュミレーターは、自分の借金がどれくらい減額が出来るかネット上で診断できるものになります。もちろん無料なので安心して利用できますし、弁護士に無料で相談できるところがかなり便利なポイントです。

実際にこれのお陰で、自己破産せずに済んだケースや不当な利息を払わずに済み、借金が減額したケースも多数あるみたいですね。

最後に

債務整理をして、借金苦を乗り越えたからといって、また同じようなことになるのであれば、無意味です。

キャリアアップしてより多くの稼ぎを得る術を身に付けたり、共働きなどで家計の収支を上積みさせて財政基盤を強化したり、努力や工夫が求められます。

結局、自分の身を守れるのは自分しかいないため、常日頃から高い意識を持って生活することが必要です。

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。