借金をする理由と借金地獄に陥らないための対処法

   2018/01/16

借金とは

借金とは文字通り、お金を借りることです。会計の世界で言うと借入金という分類になり、負債に含まれます。負債は、支払い義務がありますので、当然ながら放置はできません。

また、ローンも返済義務があることから、借金という整理になるでしょうが、住宅ローンなどのように目的に特化したローンについては「借金」という概念をここでは使わないようにします。

借金が発生する理由の多くは、金銭感覚の麻痺ではないかと思われます。入ってくる以上にお金を使ってしまうからマイナスが発生してしまうのです。クレジットで商品を購入し買った月の収入からその分を残しておかないと、翌月や翌々月に請求が来たときに翌月分の収入から支払うことになります。

管理の苦手な人はこれを繰り返し、ある時お金が足りなくなってついにキャッシングを利用してしまい、文字通りの「借金」になってしまうというパターンが多いようです。

借金と多重債務の関係性

借金がエスカレートすると、多重債務に陥ってしまう危険が高いです。借金返済のために他の金融業者から借入を繰り返し、利息の支払い分もかさんで借金がどんどん増え続けるようになると、個人では解決できない状態になってしまいます。

こうなると専門家に相談して、自己破産や債務整理などで解決するしかなくなってしまうことも多いです。借金の原因は収入より支出が多いからだというのは当然なのですが、なぜそのような事態になってしまうのか、その理由、原因についてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

借金の原因

ギャンブル

最も多いと言われる原因がパチンコ・パチスロなどのギャンブルです。競馬などに比べても、パチンコ・パチスロへの依存性は特に高いのではないかと思われます。ゲームなのでお金をどんどんつぎ込んでしまい、損をした分を取り返そうとすることで借金までしてしまう人が多いようです。

見栄

女性に特に多い理由が、見栄や意思の弱さによる浪費です。高級な化粧品やエステやなど、自分を磨いたり美しくするための金銭的誘惑はとどまることがありません。またランチや飲み会のお誘いを断れない、付き合いで頼まれた保険などに必要ないのに加入してしまう、といったこともあるようです。
自分だけでなく子供にお金をかけてしまうのも女性に多いパターンです。いくつもの習い事を掛け持ちさせたり、小学校から私立に通ったりなど教育費にお金をかける家庭も多いようですね。こうしたことが積もってキャッシングなどに手を出してしまい、借金ができてしまうことが多いようです。

入院など不測の事態での出費

収入が少なく生活するだけで精一杯なのに急に病気になり入院しなくてはいけなくなった場合なども、借金生活開始のきっかけになるようです。数日間ほどの入院でも10万円以上の請求が来ることもあります。
ケースにもよりますが、どんな病気でも入院となれば最低でも1日1万円以上はかかりますので、1ヶ月の入院であれば最低でも30万円ですね。保険に入っていない場合にはかなりの痛手となります。

借金地獄に陥らないための対処法と抑止方法

これまでの生活を見つめ直し、身の丈にあった生活をする

見栄による出費が積もっていくと、ご自身の収入に見合わない支出が増えてしまいます。
必要以上の付き合いはせず、高額な物は購入しない、分不相応な習い事はしないなど、収入に見合った生活をすることが対処法であり最大の予防策です。
また、やたらとクレジットカードを使用してしまう癖があるのであれば、限度額をかなり低めに設定してもらうか、使用すること自体をやめましょう。

保険に加入する

上記でも紹介したように、病気や怪我の場合に働けなくなって収入がないうえに、更に支出がかさむといった状態が続くと、あっという間に貯蓄が底を尽きてしまうといったようなことも考えられます。

そのため、万一に備えてリーズナブルな医療保険に加入しておくといいでしょう。20~40代なら月々2千円台でも十分な保障がある保険に入れます。1日目から5千円以上支給されるものに入っておけば十分だと思われます。

最後に

万が一借金を作ってしまった場合には、それ以上膨らませないことが最も大切です。多重債務に陥る前に、上記で紹介したような方法を取り入れ、傷口を広げないようにして、返済してしまいましょう。

もし多重債務に陥った場合は専門家に相談するなどして早めの解決が必須です。債務整理をすれば、今ある借金が大幅に減額できる可能性もありますので、専門家への意見を仰いで損はないでしょう。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。