夫が借金!?嘘をつかせずに話し合うことから解決策まで教えます

   2018/01/16

夫が借金をしていると思ったキッカケ

まさか夫が借金をしている?確固たる証拠がある場合もあれば、なんとなく(人間の第六感というものはよく当たります)というケースもありますね。

確固たる証拠に近いものといえば、以下の様なものが当てはまりますね。
・貸金業者などからの電話が夫宛にかかってきた
・借り入れに関する見に覚えのない郵送物が夫宛に届いた

上記のようなことがあって、いつもとは違う様子(ソワソワしてどことなく落ち着かない感じやイライラして八つ当たりなどが増えた)であれば、恐らく借金をしているせいと考えられるでしょう。

もちろん、上記以外のことで発覚することも大いにあるでしょう。

借金のことを夫に聞いても嘘をついたり隠し通される可能性が高い

上記のような理由をもとに、問い詰めたところで夫に隠し通される可能性も十分にあります。
例えば、借りていることは事実だけどもすぐに返せるなど、一部本当で、ほとんどが嘘だったという可能性もありますので、慎重に聞き出す必要があります。
夫との関係が悪化してしまうことを避けるためにも、問い詰めるのはほどほどにしたほうが良さそうです。

また、郵送物があった場合に、その会社の担当者に聞こうと思うかもしれませんが、本人でない限り詳細を話してもらえる可能性はほぼないですので、やはり旦那との直接の会話で引き出すしかないでしょう。

夫との直接対話

さて、借金と言ってもやむを得ない理由がある場合と、明らかに浪費やギャンブルなどの完全な自己都合によるものがあります。夫に借金の理由を聞いてみて、仕方がないと思えるなら、夫婦で返済方法を考えていけばいいと思います。ただし、浪費やギャンブルが理由となれば、返済方法だけでなく、今後の再発防止策もセットで模索する必要があると考えられます。

また、夫にラストチャンスを与えてあげるのも大事なのかなと思います。たしかに、借金を隠していたことがわかった場合、旦那が悪いです。しかし、一方的に旦那を非難する言葉を浴びせてしまうと、相手の自尊心が傷つき、場合によっては家庭崩壊に至る可能性もあります。

なぜ浪費をしてしまったのか、なぜギャンブルに手を染めたのかを根本から、相手の言い分を聞いてあげましょう。ひょっとすると、奥さんのほうにも原因があるかもしれません。家族である以上、借金は旦那だけのせいとは思わず、一緒に解決してあげる気持ちが大事ではないかと考えます。

万が一、返せないほどの借金になっていたら・・・

考えたくはない話ですが、既に返済の見通しが立たないほど旦那が借金をしていて、手遅れだと言う場合には、弁護士などの専門家へすぐに相談しましょう。

法的な手続きで、借金を大幅に減額してもらえる可能性があります。実際に、借り入れていた金融機関での利息が高すぎて、これまで返済した分の利子分の金額が還付されたり、今後の支払いが不要になる可能性があります。

間違っていても、1円も失うことはないので、借金を減らせるかどうか調べてみることが大切です。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。