借金の放置は絶対ダメ!その理由と対処法を徹底解説

   2018/01/17

金融機関等からお金を借りて、すぐにでも返せると思ったら実はなかなか減らない。毎月の返済にも嫌気がさして、遂に返済を滞納してしまった。俗に言う「放置」です。

放置することが後々、大きなツケを支払うことになるのを知っておきましょう。さらに、放置するのではなく、別の方法で借金問題を解決することも可能ですので、その方法についても説明していきます。

もし現在借金を放置しているのであれば、アクションを起こしましょう。

借金を放置するとどうなる?

金融機関からの催促(電話・メール・手紙・訪問など)を無視し続けると、しばらくしたら裁判所から郵送で手紙が届くでしょう。

裁判所からの手紙、なんとも怖いですね。内容もなんとなくお察しできるでしょう。

金融機関が裁判所へ申し立てしたことにより、法のもとで解決しましょうといった、いわば裁判所からの督促となります。

裁判所からの通知が来たということは逮捕されるの?

まずはご心配なく。通知が来た時点では逮捕はありません。裁判ということは、基本的には話し合いです。

現在の状況なども素直に話すことで、妥協案をとって和解することも不可能ではないと思います。ですので、裁判所から出廷の指示があった場合には必ず従ってください。

裁判所からの出廷指示にも従わなかった場合には?

もし、裁判所から出廷の指示があっても従わなかった場合、欠席裁判ということになります。つまり、金融機関の言い分が認められることになります。

これは、借り手にとってはかなり不利で、借金の一括返済、または財産の差し押さえといったことも考えられます。

借金問題を解決するための方法は?

債務整理といった方法があります。債務整理とは、法的な手続きによって、借金を減額してもらう措置のことをいいます。基本的には弁護士に依頼をして進めてもらう形になります。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つがあります。自己破産は最終手段なので、あまりお勧めはしたくありません。

たとえば個人再生であれば、借金額の80%を削減することの手続きです。

「え!それってかなりオトクじゃん!」と思われるかもしれません。ただ、デメリットがありますので、それを受け入れられるのであれば 問題ないかもしれません。

そのデメリットとは、金融機関で新たに借り入れができなくなったり、クレジットカードを保有できないことです。まぁ借金を返済できなかったという過去がありますので、当然といえば当然かもしれないですね。

ちなみに、借り入れや新規クレジットカード発行ができなくなるのは一生ではありません。5~10年ぐらいではないかと思われます。

また、家族や仕事先にもバレずにやる方法も、法律のプロである弁護士と無料相談をしながら話を詰めていけばいいと思います。

まずは弁護士などの専門家に相談してみるべき

裁判所に呼ばれて出廷となった場合、ご自身で裁判を戦い抜くのは少々難しいかもしれません。というのも、原告側(お金の貸し手)についても、会社で訴えてきますので、ノウハウは持っているはずです。

そんなときには、弁護士などの専門家に依頼して、対等に戦うようにしたほうが無難でしょう。弁護士は借金問題を解決するノウハウも当然持っていますので、無料相談だけでも一度はしてみるべきでしょう。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。