クレジットカードの滞納で差し押さえされる前にしておくべきこと

   2018/01/17

「差し押さえ」と聞くとどんなイメージをしますでしょうか?よくドラマや漫画などでは家具や家が差し押さえされ、いきなり家を追い出されるというような描写がありますね。

極端に言えばそういったことなのですが、現実ではまずいきなり差し押さえられるといったことはまずないでしょう。
最終手段として差し押さえがあるのです。
この記事では、差し押さえにならないための対処法をお教えします。

 

まずは差し押さえの仕組みについて

そもそも差し押さえが起こる原因として、債権者(お金を貸している人)が債務者(お金を借りている人)が取立てを行う手段として起きます。
債務者は順当にお金を返済する必要がありますが、通常は法律や契約の通りにローンなどで返済します。
これが支払われず滞納が起きてしまったときに、裁判が起きます。
債権者はお金が返されないと困りますから、裁判を起こす権利があります。
裁判になったら、債務者にたいして支払いの判決が下ります。それに債務者は従う必要がありますが、さらにこれも無視をした場合に、強制的に取立てを行える制度が差し押さえというものなのです。

差し押さえが行われる前にやっておくこと

借金の返済を支払えずに滞納してしまい、次の返済も間に合わずに更に利息が…という風に負の連鎖になり、滞っている中裁判になり…という、一度返済が滞ると裁判までかなりのスピードで進むことが多いのです。
差し押さえが行われる前に、出来ることを紹介します。

お金が返ってくるかもしれない

なんと、差し押さえが防げることに加えて、払う借金額が減るかもしれないのです。
高金利での借金だった場合、過払い金としてお金が戻ってくる可能性もあります。

その方法はずばり、弁護士に相談(無料です)

方法としては簡単。法律のプロにお任せすればいいのです。
借金地獄に陥っていると誰にも相談できず、自分で解決しなくてはいけないと悩んでしまいがちですが、まずは弁護士に相談するところから始めましょう。
冷静な判断が出来なくなっていますから、まず今の借金がどの程度あって、本当に支払わなくてはいけない金額と支払い可能なスケジュールを立ててもらうことが重要です。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

診断テストを行い、その結果を元に後日弁護士から連絡があります。
差し押さえになって取り返しのつかないことになる前に、弁護士に必ず相談しましょう。
冷静に自分の置かれている状況を知るためにも、必要なことです。