カードローンの借金返せない…そんなときはどうすればいい?

   2018/01/15

カードローンで非常に簡単に借金できます

もともとカードローンを使うつもりがなくても、泣く泣く利用せざるをえない人もいるでしょう。
急な出費が続き、生活費の穴埋めとして利用したり、人によって理由は様々かと思います。

急な出費を穴埋めするため、一時的な救済措置としてカードローンを利用するのであればいいのですが、常習的に利用する人が世の中にはかなり多いようです。

これはやはり、カードローンの手軽さといったところに理由があるのでしょう。
また、カードローンだけでなく、クレジットカードや銀行のキャッシュカードの付帯サービスとしてもキャッシング機能が付いていたりします。しかも学生や主婦であっても利用できるので、かなり敷居の低い借金と言えるでしょう。

ここでは、カードローンを利用した借金の話や、どうしてもといったときの解決方法をお伝えいたします。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

本当に怖いカードローンの借金!借金に陥った体験談

1.生活費に困って利用し続けて借金が雪だるま式に膨らむ

たとえばよくあるのが、旦那がやむを得ない理由で会社をやめるなど、職を失った場合です。子どもがいたりすると、かなり厳しい家計のやりくりを強いられることになります。

最初のうちは、貯金を切り崩して生活できるのでまだ良いですが、いつかは尽きるものです。もし、転職活動にうまくいかない場合には、薄給になることを覚悟で次を見つけるしかありません。

たとえば0歳児がいる場合を例に挙げてみます。普通に生活していても15万円はかかるでしょう。

家賃:7~8万円、光熱費(電気・ガス・水道):1.5万円、保育園費用:3万円、子どものオムツやミルクなど:1万円、通信費:(夫婦で)1.5万円、生活費(雑費、食費):3万円

もし共働きができない状態だと仮定して、世帯で15万円を稼げない人たちは結構います。やむを得ない理由で職を失うといったことは、誰にでも起こりえます。

また、そういった状況になると、お金を借りないと生活費が足りないといった、俗にいう自転車操業にもなりかねません。しかも、こうなってしまった以上はすぐに収入を上げることはできないため、毎月返済したとしても、借入金が減らないで金利だけを支払っている状況です。

2.飲食代や遊び代に利用して気が付いたら取り返しがつかないことに

男性、女性問わず、浪費癖のある人は一定数いますよね。

夜のお店などにハマってしまったり、ギャンブルで負けてしまったり、高額な買い物をしまくったりなど。。。

これらの共通点としては、夢中になって自分を見失っていることです。ストレスなどの捌け口として、お金を使うことに快感を覚え、後先のことは考えられないような思考になっているのです。

気づいた時にはいつの間にか数十万、数百万円などに膨らんでいたりして、絶望するパターンです。

3.投資に失敗してあっという間に大金を失う

これは男性にありがちなことかもしれませんが、株式取引やFX(外国為替証拠金取引)などで大きな損失を被る人たち。

自分の身近で探してみても相応の数いますね。大きな損失を被っている人たちに共通するのは、ルールを知らずに(もしくは守らずに)感情的になって大きな損失を被るリスクの高いような取引をしてしまっていることです。

投資の世界では、赤字は無限大です。自分で投資した金額の何倍、何十倍も損失を被る可能性もあるため、ルールを知らずにやってしまったでは済まされないのです。

ネットの掲示板を見てみると数百万円負けはもちろん、千万単位で損失を被っている人たちの悲痛な声がそこらじゅうで上がっています。

カードローンの借金問題の解決方法

まず、自己破産をせずに、法的な手続きであなたの借金が減らせる可能性があるということを知っておきましょう。

借金問題のプロである弁護士に無料相談することも出来るため、どのような形で今ある借金をどれぐらい減らしたいのか、減らせるのかを確認するといいでしょう。

数百万円の借金が数十万円になるといったケースもありますので、無料相談して損はありません。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。