ホストに貢いで自己破産へ…自己破産の前にしておくべきこと

   2018/01/15

女性の借金はホストや買い物、自分への投資

借金と聞くと男性がギャンブルに依存してるイメージや、生活苦でやむなく…といったイメージが強いかと思いますが、女性の借金が年々増えてきているのです。
その中でも多いのがホストへ貢いだ借金や、エステや買い物などの自分投資の理由が多いのです。

ホストに貢いでしまう女性の特徴としては寂しさにつけこまれたり、「お前しかない」と頼りにされることによって、母性本能がくすぐられて「育てたい」という気持ちになり借金地獄に陥ってしまうケースが多いのです。

ただ、ギャンブル依存症や買い物依存症に比べて、ホスト依存症は依存が止められる確率がグンと高いのです。
その理由は、シンプルです。
そう、お金が無いと思わせることのよってしつこい色恋営業が終わり、自然とホストから離れていくからです。

借金までしてホストに貢いでしまっている人は、まずは返済のことで頭がいっぱいで上記のことまで考えられないケースが多いですが、自己破産という手を使い、一度自分の借金をリセットする方法があります。

自己破産をすると今までの借金免除になる

さて、その自己破産ですが、自己破産後に借金免除されるには、免責を受ける必要がありますのですが、誰もが免責を受けられるわけではありません。
免責を受けるためには、借金の理由が問われることになっています。
破産法252条の免責不許可事由の中に下記の通り記載があります。

『浪費又は賭博その他の射倖行為をしたことによって著しく財産を減少させ,又は過大な債務を負担したこと』

浪費又は賭博その他の射幸行為の具体的な例として、ハイブランド品の購入、パチンコなどのギャンブル、贅沢な飲食などが含まれます。
この贅沢な飲食にホストクラブの飲食が該当すると言われています。

こういった上記のケースがありますが、通った回数や金額によっても免責の可否が変わってきますので、一概に受けられると安心するのはまだ早いかもしれません。
確実に免責の可否を知るためには、借金返済シュミレーターなどを利用して診断することをオススメします。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

 

法律の専門家に聞くのが確実なのですが、直接事務所に足を運ぶのは少しハードルが高いですよね。
借金返済シュミレーターなら無料、匿名で診断が可能なので安心して手軽に利用することが出来ます。

自分の借金が減額になるかもしれないので、まずは上記シュミレーターで診断してから弁護士に相談するのがオススメです。