ストレスが原因で借金…どうすればいい?返済方法をご紹介

   2018/01/15

「ストレス」は時として、人格を変えてしまう力を持っています。ストレスのせいで自律神経が乱れ、身体や性格に異変をきたすのです。

ストレスが原因で借金とは?

自律神経の乱れが原因で、常に心臓がバクバクしたり、強迫観念に駆られたりしたり、気が大きくなったり、暴飲暴食したりと日常ではありえないような症状や行動が見受けられるようになります。

ストレスによる借金も例外ではありません。気を静めようとするため、お金を使ってストレスを発散するのです。普段、ストレスの発散のためにお金を使うといっても、さすがにあらかじめ決めた金額の範囲内で出費しますよね。

ただ、自律神経が乱れていると、自制が効かなくなり、度を越えた出費をすることもあるのです。ストレスが長引けば、それだけ度を越えた出費をする頻度も増えます。いつの間にか借金までしているといったことも考えられますが、その時には時すでに遅しで、多額の借金だけが虚しく残っているなんてことも。。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

ストレスが原因の借金は何に使うことが多い?

ストレスと結びつきの強いのがお酒です。お酒を飲んで発散して忘れようといったことが多く、キャバクラやスナックなどで豪遊してしまうというのは王道パターンです。

あとは衝動買いなどで、モノであれば服やブランド物、家電などが多いでしょう。また、女性であれば、エステや美容整形などの自分を変えることに対しての出費もありえます。

ストレスが原因での借金、どうすればいい?

借金の金額は人によって異なりますが、経済的に首が回らなくなってしまっているのであれば、債務整理を検討したほうがいいのかもしれません。

債務整理とは。「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つがあります。

自己破産は借金がゼロになる代わりに、家や財産などを没収されますので、これは最終手段です。任意整理では、金利を支払わなくてもいいようになることで、個人再生は、借入額の8割を返済免除してくれるような手続きです。

これらの手続きに関しては、弁護士など法律の専門家に依頼してやってもらうことが多いです。依頼をした瞬間に借金を返済しなくてもよくなり、取り立てもストップしますので、まずはすぐに借金から解放されて落ち着きたいといった方にも良いでしょう。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

 

もちろん、返済の目途がついていればそんなことする必要はないと思います。ひとつの判断の目安として、毎月の返済がほとんど金利に充てられており、元本がほとんど減っておらず、完済のめどがつかないといった場合には債務整理を検討したほうがいいでしょう。