退職がきっかけで借金する人が多い?解決するにはどうすればいい?

   2018/01/15

退職で借金とは?

退職が原因で借金をする人がかなり多いのはご存知でしたか?借金する理由のランキングにも1位として挙がっています。

※gooデータによるもの

 

転職や退職を経験された方にはお分かりかもしれませんが、実はかなりお金が出ていくものです。

当然、次の職場が見つかっていない場合には、給料が入ってくるまで時間がかかりますし、月給が以前と同様の金額が入ってくるとは限りません。

また、交通費や家賃を先払いしてもらってて、辞めた後に返還請求がくる場合もあります。驚くかもしれませんが、先払いしてもらったこれらのお金を使ってしまうといった方もいらっしゃいます。

このように多額のお金がかかる可能性があるため、場合によっては、何十万円の出費が一気に発生する場合があります。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

退職と借金は密接な関係である

と言うのも、退職する理由は人によって様々であるからです。

もし会社に馴染めなくてやめることになったり、クビのような半ば強制的に退職させられたとします。その場合、次の会社が決まっていないケースが多いのです。

また、うつ病やその他の精神的な病気で会社を辞めるケースも多いので、こういった人たちは働きたくても働けません。うつ病が完治するには、人によって様々ですか、ヘタをするとずっと働けなくなってしまう人もいます。

就業不能保険といった保険商品まであるぐらいですから、うつ病やその他の病気が原因で働けなくなる人が多いのです。

そうなることにより、手持ちのお金がなくなって借金をし始めるケースがとても多いです。

一度借金をしてしまうとそこは地獄の始まり

一度借金をしてしまうと、そこからは地獄の始まりです。と言うのも、こんな簡単にもお金を借りられるんだといった、これまでにはない体験をしてしまうからです。

これまでしてこなかった借金体験も、一度してしまうと、その後はストッパーの外れた暴走列車のように、ひたすら借金という線路を走ることになることになりえます。

経済的にも精神的にも限界!どうすればいい?

借金状態になってしまうと、さらに精神的ストレスを抱え、悪循環になってしまいます。

ですので、借金をどうしても返すことができない場合には、債務整理をすることをお勧めいたします。

債務整理とは、法的に借金を減額もしくは返済しなくても良いとされる手続きのことを言います。主に、弁護士や司法書士を通して行う手続きとなります。

手続きが開始されると、すぐに取り立てがなくなり、借金を返済しなくてもよいことになります。ですので、すぐにでも精神的なストレスから解放されることができます。

その後は、弁護士などの法律の専門家が貸金業者などのお金の貸し手に対して、借金の減額や免除の交渉をしてくれることになります。よって自分から動くことはあまりありませんので、弁護士などの法律の専門家にほとんどお任せすることができます。

何ヶ月かは手続きが完了するまでに時間がかかりますから、その間に精神を安定させ、気持ちを整えることができます。

借金の問題はこのように片付けることができますか、精神的な問題はすぐに片付けることはできません。ですので、心のケアをいち早く十分にするためにも、借金の問題を早いところ片付けておきましょう。

債務整理のデメリットは?

このような手続きを行った場合、どんなデメリットがあるのか気になるところでしょう。確かにデメリットはあります。

例えば、数年間は金融機関からお金が借りられなくなったり、新しいクレジットカードを作れなかったりします。つまり、信用情報機関にブラックリストとして登録されるのです。

ただし、ずっとではありませんのでその期間を乗り切れば何も無かったことになります。事故情報も消滅します。デメリットと言えばそれぐらいでしょう。

自己破産をしなくても借金を減額したり、免除する法的な手続き方法がありますからね。詳しくは、弁護士などの法律の専門家に相談してみるべきでしょう。

借金問題をいち早く解決し、精神的にも安定した状態に戻り、未来へリスタートできることを祈っております。

 

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。