借金返済が難しいときには弁護士に無料相談しよう

   2018/01/17

借金問題といっても様々なケースがある

今回は、借金問題の相談方法について説明していきたいと思います。

借金問題と言っても様々なケースのものがあります。住宅ローンの破綻や、消費者金融での借金、そのカードローンでの借金など、様々な理由、借金経路あります。
おまけに、その借金が多重債務(つまり何箇所からも借りている場合など)である場合もあります。このように、借金といっても人それぞれ違いますので、複雑になることが多いのです。

自分で解決するのは難しい…では借金問題を解決するためには?

このような借金問題を解決する場合、どうすればいいのでしょうか。

おそらくほとんどの人の場合、ひとりで解決するのは困難でしょう。親や友人などにこのような話をすることも、なかなか難しいことでしょう。
そんな時は、法律の専門家である弁護士に相談するのが一番です。弁護士に相談するとお金がかかるんじゃないかと思われる方も多いでしょう。
しかしそんなことありません。無料相談を受け付けている弁護士事務所も多く存在しますので、無料相談できる弁護士事務所を活用すると良いでしょう。

しかし、相談が無料だからといって、借金問題のスペシャリストであるかどうかはわかりません。借金問題に強い弁護士であるかを見極めることが重要です。

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

弁護士に相談することによるメリット

相談するメリットとしては、以下のことが挙げられます。

最適な債務整理の方法を知ることが出来る

弁護士に依頼することによって、法的な手続きによって借金を減額または免除される手続きを行ってくれます。

自己破産をすることなく、また、自分にとってどういった手続きが最適かを教えてくれます。また、今ある借金がどれくらい減額されるかを教えてくれます。
無料でここまで教えてくれるのは素晴らしいですね。借金返済の具体的なイメージを膨らませることができます。

ほとんど弁護士に丸投げすることができる

借金問題を弁護士に丸投げできると言ったことも大きなメリットです。
債務整理を進めるためには、膨大な時間や準備が必要となります。
お金の貸し手(貸金業者など)との調整や、裁判所などとのやり取りなど、個人でやろうとすると本当に面倒なのです。ましてやほとんどの人は平日に仕事をしているため、こんな手続きを進めている時間はありません。そのため弁護士に任せられるというのは本当に助かるのです。

減額交渉がうまくいきやすい

個人で債務整理を行うと、お金の貸し手(貸金業者など)との減額の交渉なども自分で行わなければいけません。その点、弁護士に任せておけばより有利な交渉を進めることができます。それにより、多額の借金を減額することが可能になります。

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

デメリット

デメリットとしては、信用情報機関にブラックリストとして登録されることでしょう。一度は、ブラックリストといった言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ブラックリストとして登録されると、金融機関で借り入れができなくなってしまうことや、クレジットカードを保有できなくなってしまいます。

しかし、数年でこのブラックリストの登録は終わり、その後はお金が借りられるようになり、クレジットカードも持てるようになるのです。

ですので、このブラックリスト以外には、特にデメリットはないように思えます。

自己破産をしない形での債務整理であれば、持ち家や財産を没収されることは原則ありません。

 

借金問題で経済的に首が回らない状況になってしまっており、借金返済が困難であるといった方は、一度弁護士に相談してみるといいでしょう。