借金100万円なんて余裕?利息を知ってから言ってください

   2018/03/27

今回は、借金100万円をした場合の返済シュミレーションを紹介したいと思います。
借り入れ金利や毎月の返済額を設定して、シミュレーションで解説を交えながら、利息の重たさについても説明したいとおもいます。驚愕の結果をご覧ください。

借金100万円の重さとは?

借金も100万円ほどあると、毎月の返済がかなり大変なのではないでしょうか。
あなたは今、完済の目処はついていますか?
借金返済において、支払っている利息がどれぐらいあるかを把握するのはとても重要です。
毎月の借金の返済は、元金に利息がくっついた状態で行われます。
その利息が占めるが割合が多くなると、元金はちっとも減っていないことになります。

借金100万円なんて余裕?

借金100万円なんてすぐ返せるといった方もいるでしょう。
しかし、借金の原因の多くは、低収入や退職・失業、生活苦などによるものです。
一気に借金を返済できるアテがない場合、毎月の返済に回せる金額もかなり限られてしまいます。
普通のサラリーマンであれば、2年ぐらいかければ返せるものが、こういった方々の中には、完済の目処がつかないと言った方も多いことでしょう。
債務整理を前提としなくても、弁護士などの無料相談を利用して、今の借金がどれぐらいまで減るかを確認することをお勧めします。

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。

多重債務者は特に注意

おそらく、借金100万円を背負っており、完済が不可能であるといった方は、多重債務者でないかと考えられます。
銀行系、消費者金融系のカードローンや、クレジットカードのキャッシング枠などを複数利用しているものかと思われます。
割と年収が多い人であれば、100万円の借り入れは1社で行えます。
しかし、消費者金融系のカードローンでは総量規制があるため、1/3を超えて借り入れはできないです。そのため、銀行系のカードローンなど複数利用して借り入れを行っているものと考えられます。

借金100万円のシミュレーション!驚愕の結果をご覧あれ!

では、実際に借金100万円の返済シミュレーションをしていきましょう。
毎月の返済額を2万円として、完済までにどれくらいの期間を要するのかや、利息を含めトータルでどれくらいの返済額になるのかを見て行きましょう。
ここでは、現実味を出すため、金利を17.8%として計算することにします。

途中経過(1~20回目の返済)

20回までの返済が完了時点で、
返済額: 400,000円
└うち元金:123,200円(30.8%)
└うち利息:276,280円(69.2%)

まずは1回目から20回目までの返済表をのせてみました。びっくりしましたか?
そうです、利息に注目してください。なんと、返済額のうち利息の支払い分が、元金の倍以上あるではないですか。

実際にイメージが起きましたか?これが借金100万円の利息の怖さです。
返済額の半分以上が利息分になっており、残高が全く減っていないですね。

途中経過(~50回目の返済)

50回までの返済が完了時点で、
返済額: 1,000,000円
└うち元金:391,716円(39.1%)
└うち利息:608,284円(60.8%)

さて、50回目の返済で100万円の大台を突破しました。当然ですが、利息がなければ既に返済できておりますね。
これを見ても分かりでしょうが、まだまだ残高は減りません。利息が60%以上を占めているのがとてつもない重しとなっております。
一体いつになれば完済ができるのでしょうか?気が遠くなってきますね。
もう返済回数50回ということで、すでに4年以上が経過しております。
借金と戦うというのは、経済的にだけでなく、精神的にもボロボロになってしまいそうです。
50回目に到達してから初めて、利息分よりも元金の金額が上回りましたね。

最終結果(91回目で完済)

トータル返済額:1,820,000円
└うち元金:1,009,283円(55.4%)
└うち利息:810,717円(44.6%)

※元金は100万円なのですが、計算上、端数が出てしまうことをご了承ください

かなり長い道のりでした。91回目でようやく完済をすることができました。なんと7.5年です。
先ほどの途中結果でお見せしたように、50回目ではまだ残高が60万円程度ありましたか、元金の返済比重が利息を上回ったことにより、ようやく残高が減るスピードがアップしました。
とはいえ、もともと100万円であった借金が182万円まで化けてしまうとは、恐ろしいものです。

このように、借金100万円は少ないようで、返済金額となると、なんと倍近くになることをお分かりいただけたでしょうか。(今回は毎月2万円の返済、17.8%の金利で計算)

本記事でご紹介したシミュレーションを踏まえ、完済は厳しいなと感じた方は、弁護士などの無料相談を通じて債務整理をご判断されることをお勧めいたします。

今すぐ借金問題を解決したい方は、借金がいくら減額されるかをお調べいただけます。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。