借金返済できない!もう無理だと思ったときの解決方法

   2018/01/15

人によって、さまざまな事情で借金をしているかと思いますが、借金を抱えている事実は変わりありません。

借金をする理由としては、主に以下のようなものが挙げられるでしょう。
・ショッピング、飲食などの娯楽による浪費
・やむを得ない大きな出費が急に発生
・リストラ、病気による収入低下によるもの

特に、カードローンなどはお金を使っているといった実態が麻痺しやすくなるため、ついつい使いすぎてしまう人も多いようです。

借金で首が回らなくなったときにまず確認したいこと

では、実際に借金で首が回らなくなってしまった場合にはどうすればいいでしょうか。

まず確認したいのが、その返済がどれほど大変なものかどうかです。
具体的に言うと、借金の内訳として、元金と利息の2つがあります。
カードローンなどの返済明細を見てみると、元金・利息がどれぐらいの割合で返済されているのかが記載されています。
もし、利息が占める部分が大きいとなると、元金が減るスピードも遅くなり、それほど完済までの道のりも遠のきます。

他にも、住宅や車のローンもあったりすると、借金が膨れあがる一方ですね。
返済もどんどん厳しくなっています。

これ以上借金が増えて返せなくなったらどうしようという恐怖もあるでしょう。

完済の目処がつかないときにはどうすればいい?

先ほどお伝えした、利息と元金の支払割合を見ることで、完済のペースが見えてくるはずです。

これを踏まえて、途方もない返済の道のりになる場合には、ズバリ債務整理という法的措置をしたほうがいいでしょう。

債務整理を一言で説明すると、法的に認められた借金の減額(免除)の手続きです。
弁護士や裁判所を通して行う手続きのため、法的にも認められているのです。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産の3つあります。

自己破産はどこかで聞いたことのある方が多いことでしょう。
自己破産は借金がすべてチャラになるかわりに、持ち家や財産も没収されてしまう最終手段とも言えます。
しかし、たとえば個人再生であれば借金額の80%を減額して、持ち家などは没収されないといったメリットもあるのです。

ですので、借金が返済できなくなったらすぐに自己破産というのではなく、他にも有効な選択肢はあるのです。

もし、自己破産のようなとても大きなリスクを取りたくないといった方は、個人再生や任意整理を検討することをお勧めします。

こちらの街角法律相談所というサービスで、今の借金がどれほど減額されるのかをwebですぐ診断することができます。
安心して依頼できる弁護士も探すことができますので、すぐに借金問題を解決したい人や、まずは借金返済方法の相談をしたいといった方は利用して損はないでしょう。

 

今すぐ多重債務を解決したい方はお悩みの方は、借金がいくら減額されるかをお調べ下さい。

債務整理に強い弁護士と無料相談もできます。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。