【学費が払えない】諦める前にできることをまとめました

 

両親や自身に万が一のことが起きて、学費が払えなくなることがあります。そうなると、学校をやめなければいけないといったことを考えるかもしれません。しかし、すぐに諦める必要はありません。まず学校に相談すると、独自の制度が設けられているケースがあります。国や銀行でも奨学金やローンの制度があります。諦める前に出来ることをまとめてみました。

ピンチになったらまず学校に相談

学校独自の制度を確認!

必死に受験勉強をして、進学した学校で、将来就きたい仕事もあって希望に満ちた学生生活を送っていても、ピンチに見舞われることがあります。学生生活の中で一番不安に陥るピンチは、学費が払えなくなることではないでしょうか。

不況の影響で父親がリストラにあってしまって、経済的に余裕がなくなることもあります。病気や事故で親が死亡してしまうことや、家庭の事情で経済的に困窮してしまうことも考えられます。学費が払えないと、もう学校を辞めるしかないと、諦めてしまいそうになりますが、学校を辞める決断をする前に救済処置はあるようです。

せっかく学んできたことや、取得した単位を諦めないで将来に希望持てるように、まず学校に相談することがお勧めです。学費には納入期限が設けられているので、来期の学費が払えないことが解ったら1日でも早く相談すると、解決策の選択肢が増えます。

それぞれの学校で独自の制度を設けているケースが多いようです。制度を利用するには条件もあるので、とりあえず今の状況を伝えて、必要な書類を準備するようにするとよいと思います。

授業料免除・分納・滞納

学校によっては、授業料免除・分納・滞納の制度が設けられています。経済状況と成績など基準があり、審査もありますが、審査が通れば進学への希望がみえてくるのではないでしょうか。

・授業料免除
授業料を全額免除と、半額免除など満たしている条件によって変わってきます。受けれる期間や回数も学校によって違ってきます。

審査の時に必要とするのが総所得額になりますが、総所得金額とは、年間の総収入金額から必要経費や特別控除額を差し引いたものです。

・分納
授業料を2~6回に分割して納入する方法です。授業料は全額支払うことになりますが、1回に支払う金額が少なくなると負担が軽くなります。

・延納
大学によって違いますが、学費の納入を2か月~半年後に伸ばしてもらう方法です。免除と違い全額納入になりますが、納入期日が伸びることでお金を準備する期間が出来る制度です。

どの制度も申し込み期日が設けられています。大学によっては、一年に一度の申請ではなく前期と後期それぞれで申し込みが必要なケースがあるので注意が必要なようです。

学費が払えない時は奨学金を検討

貸与型の奨学金

奨学金の中で貸与型とは、学費を貸付してもらえる制度です。契約者は学生本人になるので借りたお金は卒業後に自分で返済しないといけません。在学中は無利息で借りれるものから、貸付が始まった時点で利息が発生するものがあります。どの奨学金の対象になるかは、それぞれのタイプに基準が設定されているので、まず調べてみることがお勧めです。

奨学金は申し込みをする期間が設けられていますが、災害や親の死亡など予測できない困窮にも対応してもらえる、緊急採用という措置があります。緊急採用はいつでも申し込みが出来るので、学費が支払えない事態に陥ったらすぐに申し込むことがお勧めです。

給付型の奨学金

給付型の奨学金は返済の必要がないタイプになります。それぞれの学校で基準を設けて対応しているものもありますが、自治体や民間企業でも実施しているものもあります。

基準はかなりシビアになりますが、成績や経済条件をクリアできれば受けることが出来る奨学金です。内容も様々で、学費の全てを対象としているものや、学費と生活費を給付してもらえるものがあります。

基本的に奨学金は複数受けることが出来ますが、給付型の奨学金を受ける条件に他の奨学金の受給が認められないケースがあります。奨学金を受ける時は、採用条件をしっかり把握しておくことがお勧めです。

奨学金の注意点

奨学金の注意点は、緊急ではない限り申し込み期日が決まっていて、しかも給付を受けることが出来るのは、認定されてから2か月後になることです。学費の納入期日が迫っている時には、奨学金が受給できることになっても対応が出来ません。学校側に延納をお願いすることをお勧めします。

貸与型の奨学金は在学中の強い味方になりますが、卒業と同時に借金をかかえてしまうことになります。給与が低い場合や、就職難ですぐに就職が出来ない場合でも返済の義務が発生します。卒業後の返済についてもよく考えておかないといけません。

奨学金制度を知る(日本学生支援機構WEBサイト)

すぐにお金を受け取る方法

銀行の教育ローン

同じお金を借りる方法としても、奨学金は受給まで2か月かかります。学費の納入期日が迫っていて即日お金が必要な時は、銀行や国の教育ローンを利用するのも1つの方法です。

教育ローンは低金利でお金が借りれますが、返済義務が在学中に始まります。教育ローンの契約者は保護者になりますが、世帯収入にも基準が設けられているので注意が必要です。申し込みはネットでも出来るところがあるので、審査も入れて2週間で入金があるのは納期が迫っている時には助かると思います。

バイトをする

奨学金は教育ローンは返済の負担が大きいですが、学費を稼ぎながら支払うと、卒業後に借金を背負わないで済みます。親の死亡や災害など突発的な事情では、短期間で学費分をバイトをして貯めるのは難しいですが、学費の支払いが難しいことが解って、納入までの期間がある時はバイトをして学費を貯めるのも1つの方法です。

学校が休みになる長期の休暇を利用して、バイトをかけもちすることも出来ます。時給が高い塾の講師や早朝や深夜など時給が割増になる仕事で効率的に稼ぐのもお勧めです。リゾートバイトで宿泊や食費込のバイトが出来るのも学生の特権です。

時給が良いから、楽だからという理由で怪しいバイトをしないようにすることも大切です。せっかく学費を納めて進学出来ても、犯罪に加担しているバイトをしてしまうと、退学になってしまうこともあるようです。

まとめ

必死に受験勉強をして入学しても、学費が払えない事態になると、学校を辞めるしかないとあきらめてしまいます。しかし、諦める前に出来ることは沢山あります。学費が払えない事態は、災害や事故など突発的に起こることもあります。親のリストラや給料の減額などで困窮することもあります。

ピンチになったらまず学校に相談することがお勧めです。それぞれの学校で独自の制度が設けられています。学校の措置を受けるのも条件がありますが、緊急の場合でも柔軟に対応してもらえると思います。

奨学金や教育ローンを利用するのも1つの方法ですが、返済の義務が発生することを知っておく必要があります。

バイトをして学費をかせぐという方法もあります。卒業と同時に借金をかかえないで済む方法です。