奨学金破産が急増中!貧困の連鎖が止まらない…

 

過去5年間で1.5万人の奨学金破産

独立行政法人である日本学生支援機構によると、奨学金破産は過去5年で1万5千人ほどいるとのこと。本来、子どもが返すケースが多いのですが、連帯保証として親も入っているため、親子ともに返済が出来ずに破産といった負の連鎖が広がっているそうです。

そもそも奨学金破産とは?

私大に4年間通ったとして、4年すべて奨学金を借りたとすれば、返済額は500万円程度になることでしょう。(理系のほうが高いですが…)
これはあくまでも平均的な金額で、もっと授業料の高い大学だったり、通学費などを諸々奨学金として借りるとなると、1,000万円程度になるケースも珍しくありません。
500万円の奨学金を借りたとしましょう。社会人になって、20年間、金利1%で返済する場合、毎月2万数千円。大卒の初任給の平均額面は約20万円ですが、税金や社会保障、家賃などを差し引けば生活はかなりギリギリの水準です。借りた金額が倍ぐらいあれば、当然返済額も倍になるため、より逼迫した生活が待ち受けています。万が一、定職につけなかった場合のことを考えると、この返済額はとても大きくのしかかってきますね。
どうしても奨学金の返済ができなくなった場合には、借金を返せる見込みがないと裁判所に認められれば、返済を免れる手続きとして、自己破産を選択することが出来ます。
自己破産を選択すると、返済を間逃れることが出来ますが、財産を処分しなければいけないなどのデメリットもあります。また、一定期間は金融機関から借り入れが制限されたりもします。
ざっとですが、これが奨学金破産の流れです。

親にも広がる破産の連鎖

冒頭でも述べたように、日本学生支援機構などによると、奨学金関連の自己破産は2016年度までの5年間で1.5万人とのことです。
破産者の内訳は、本人:約8,000人、保証人:約7,000人とのことです。国内の自己破産件数は、リーマンショックの傷が癒えたこともあり減っておりますが、奨学金関連の自己破産は2016年度に最多である約3,500人と5年前よりも13%程度増加しております。
奨学金を返済するときには、すでに親も現役を退いているため、そのような高額を支払う余力はないですね。親も、老後にゆっくりしようと考えていた矢先に子どもの奨学金返済に引っ張られて自己破産になってしまうのは、とても辛いですね。

返済条件を緩和する対応策を打つも後を絶たない自己破産

奨学金の返還に苦しむ若年層が続出したため、日本学生支援機構は2014年度より延滞金の利率を10%から5%に下げました。また、年収300万円以下の場合には、返済の猶予期間を5年から10年に延ばしましたが、それでも自己破産は後を絶ちません。

現在、猶予制度の利用者は2016年度末で延べ10万人ほどいるとのこと。猶予の期限が切れ始める2019年春には、現在よりも更に自己破産をする人が増えてしまうことが想像できます。

自己破産してしまった人が悪い?

色々な掲示板のコメントを見ていると、「奨学金を借りて自己破産する人が悪い」などといった意見もよく見られますね。

ただ私としては、個人の事情も知らずに「勝手なこと言うな」と言いたいです。まぁ、掲示板は言いたい放題なので、それを真に受けてもダメなのですが笑

そういった人たちほど、特に目的がなく目の前に与えられたことを無難にこなして仕事しているといった人が多いイメージです。これは、優秀な人材が多く集まる大手企業でもそうですし、実際に私もそういった人を沢山見てきました。

目の前のことに夢中になっても、目的なき日々を毎日送っているだけでは、自分が期待している未来は来ないんですよね。計画性がないといった意味では、そういった人たちにも同じことが言えるかもしれないですね^^;

とりあえずそこそこの給料をもらって、退職金で老後が安泰だからいいだろうといった気持ちで働いている人もいますので、そういう思考の人も一寸先は闇ですよね。

自己破産しても立ち直れる!

日本では、自己破産をしたということを知られると、冷ややかな目で見られる人が多いのは事実かと思います。ただ、自己破産したからといって命まで取られるわけではありません。むしろ借金が無くなったから開き直ってやるぐらいな気持ちでいないとメンタル持ちません。

確かに自己破産をすることでデメリットはあります。現金や車などの財産は取られてしまいます(もし持ち家がなければ、家はとられることはありませんが)。金融機関からの借り入れも一定期間はすることができません。

しかし、そういった制約も一定期間すればなくなりますので、立ち直ることができるチャンスがあるということは心に留めておきましょう。

周囲の雑音なんて関係ありません。自己破産となった場合に、どうせ助けてくれない人です。外野でギャーギャー言う人です。そんな人たちのノイズは無視で問題ないでしょう。

そんなことよりも、今後ちゃんと一人で再起できるような計画を立て、仮に定職がない場合には、スキルを取得するなどの実行に移し、安定した収入を得られることに頭をフル回転させるべきではないでしょうか。

自己破産をすることは紛れもない失敗で、大きな代償ではあると思います。しかし、反骨精神を持ってちゃんと実行に移すことができれば挽回のチャンスはあると考えます。

 

今すぐ奨学金の返済問題を解決したい方は、弁護士との無料相談が可能です。

まずは診断から。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。