仮想通貨で借金?一攫千金を狙ってすべてをつぎ込んだ人たち

 

空前絶後の仮想通貨ブーム!

仮想通貨が空前絶後のブーム

 

ニュースや新聞でも、仮想通貨について頻繁に報道がされ、今や仮想通貨という言葉を知らない人はあまりいないでしょう。ビットコイン、、イーサリアム、リップル、ネムなど、様々な仮想通貨が存在しますね。

特に最近では、仮想通貨を取り扱う業者から通貨が流出するなど、お客さまとしても不安を覚えてしまうことも多いでしょう。しかし、この空前絶後の仮想通貨ブームが起きているのは、それほど仮想通貨が魅力的であるからです。

何が魅力かというと、一攫千金を狙える可能性があるからです。株取引も投資商品としては魅力ですが、値上がりする爆発力が違います。基本的に、株取引ではベンチャー企業の株を除いて、短期間で株価が何倍にもなるということはほとんどありません。しかし、仮想通貨であれば、1年程度で何十倍、何百倍にもなるということが起きるので、少額で億万長者になる人もいることでしょう。

借金をしてまで仮想通貨取引を始める人も

一攫千金は大きな魅力です。一発当たれば、人生が変わりますからね。それゆえ、人生を仮想通貨取引に賭けるといった人たちも少なからずいることでしょう。

今のうちに現金を仕込んでば数年後には億万長者になる夢を追い求め、全財産をつぎ込んだり、または現金を持っていないのに借金をしてまで購入したりすることもあるようです。

大きく下落することもよくある

仮想通貨が暴落

 

仮想通貨は基本的にはハイリスク・ハイリターン。しかも、株式取引よりも相場を読むのがとても難しいです。株式取引であれば、保有している株の企業の業績などに連動するので、「この会社のサービスは良いから買っておこう」などといった理由付けができるのですが、仮想通貨の場合には理由付けをした投資がとても難しいです。

理由はないけど上がってる・下がっているが需給は多い。ブラックボックス要素の強い商品に投資するということは、いきなり梯子を外されて、相場が急落してもおかしくないことを頭に入れておきましょう。

借金をしてしまったらどうする?

金融機関から借金をしたお金で仮想通貨取引を行い、大損をしてしまった場合にはどうすればいいでしょうか。借りたお金は当然返さなければいけませんし、期日も決まっています。

特に、数万円レベルではなく、50万円、100万円、もしくはそれ以上の金額を借金して取引をしていたとすると返済するのは至難の業ですね。このような大金を借金してしまった場合には、債務整理といった手段を用いて、人生を再起させる人が多いようです。

法的に認められた借金を減額・免除ができる債務整理をしよう

債務整理とは、法的に認められた借金減額・免除の手続きです。主に弁護士を通して進める手続きとなります。

自己破産という言葉は聞いたことがあると思いますが、これも債務整理のひとつです。しかし、債務整理の中にも、レベルがあるので、自己破産は最もレベルの高い最終手段であるといえるでしょう。

無料の借金返済診断をすることで、現在の借金がどれぐらい減るかを確認することができます。もし借金まみれになってしまって、経済的に立ち回らなくなっているのであれば早めに対応することがベストですので、一度利用してみて損はないでしょう。