借金を自力で返済不能になってしまった時はどうするの?

 

借金を返済できない状態でも、早まらないこと

まず最初に…この記事にたどり着いた方、なんらかの事情で借金をしてしまっている・または知り合いの借金を助けたいとおいう想いからの行動かと思います。
その通りな人も、もしくはそうでない人にも伝えたいのは、自暴自棄になり借金返済(お金を手に入れる)ために、犯罪に手を染めたり、自らの命を絶つようなことは絶対に考えないでほしいということです。

きつい言い方をするつもりはありませんが、たかが借金です。借金のせいで人生を台無しにする必要はありません。

 

返済に行き詰ったら債務整理を

債務整理とは、借金を減額させたり、まるっと無くしたりする法的手段のことです。

返済に追われて自分の元金などを把握できてない人が大半なので、まず弁護士や司法書士に相談して債務整理の依頼をすることが大事です。

費用の心配は要りません

弁護士に相談、というワードを聞くと「費用がすごいかかる」とイメージを持つ人が多いと思います。
なので債務整理の相談をしたくてもなかなか出来ない…と思うのではないでしょうか。

返済額を用意できないから返済が滞っているのに、さらに債務整理の料金など払えない!となりますよね。

こちらについては安心して大丈夫です。どんな借金の種類でも大抵は分割払いができるようになっています。万が一、前払いという事務所も無くはないので、念のため相談の際に一緒に聞いてみることをおすすめします。借金で悩んでいることを伝えれば、相談者に負担がかかる支払い方法は提示しないところがほとんどです。

弁護士に相談する前にシュミレーションをしておく

近くの弁護士事務所を探して…おすすめの口コミを見て…と事務所探しもいろいろと大変かと思います。
そこでおすすめなので、無料で利用できる借金返済シュミレーターです。

このサービスは無料で24時間利用できるのが大きなメリットです。自分のケースだと、どんな解決方法があるのか、借金がいくらまで減るのかという部分までシュミレーションしてくれます。

利用した人ほとんどが早く相談していればよかった!と思う

上記サービスを利用したり、弁護士に直接相談したり、方法は様々ですが「債務整理」をした人はほぼ全員が「もっとはやく債務整理をしていればよかった」と口をそろえて言います。

複数の金融会社から借金をしていて連日催促の手紙や電話が来ていた人も、その電話が鳴りやむのです。そうなった場合の解放感や心の落ち着きは本当に久々のものだったし、生きている心地がするといいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

返済が不可能な状態になってしまっていても、まずは冷静になり、弁護士に相談をするこが一番です。
最悪な方法を取らないためにも、最初の一歩として踏み出してみてください。

減額になる可能性もありますし、あなたに合った方法を提案してくれます。人に話すだけでも心が軽くなることがあるので、気負わずに相談してみましょう。