生活を立て直そう!無職でも可能な借金返済の方法とは

 

無職の人でも借金を返済することが出来る

普通に考えたら無職ということは固定の収入減が無いわけですから、借金を全額返済するのは難しいですよね。
自分から無職の道を選んだわけではなく、様々な理由で結果的に無職になってしまったという方がほんとどだと思います。
そんな人のために、無職でも実際に返済を完了させた例を色々とご紹介していきたいと思います。

無職でも借金返済 法的な手続きを利用する

まずは法的手続きにて返済する方法です。借金を返済中の人であれば一度は調べたことがあるかもしれません。
借金を減額するための法的手続きとして、債務整理がありますが、3つの種類があり、自己破産、任意整理、個人再生によって債務整理を行っていきます。

一番利用されているのは自己破産

特に無職の人に多い債務整理は「自己破産」だといえるでしょう。他の任意整理や個人再生などは減額した借金を返済し続ければなりませんので、条件として収入が固定であることが挙げられます。無職の人はその条件がクリアできないため、自己破産の利用が一番多いのです。
そして、同じく弁護士などがいる法律事務所なども上記の条件と同じ理由で依頼すら受けてくれないことがほとんどです。さすがにプロに頼らず自分で債務整理を行うことは困難ですので、方法として「自己破産」がほぼ確定になってきます。

自己破産のメリットとデメリットについて

自己破産が現実的であると説明してきましたが、それでは実際に自己破産をした場合のメリットやデメリットについて記載してきたいと思います。

自己破産のメリット

・借金が全額免除に
・財産は多少残すことが出来る

自己破産のデメリット

・今後借り入れやクレカが使えない
・財産は没収
・連帯保証人などへの影響

このような内容になります。
やはり借金が全額免除になるという点は借金額が多ければ多いほど魅力的なのではないでしょうか。ですが、デメリットの方もしっかりと理解しておく必要があります。
一番厄介なのが「連帯保証人」への影響です。
借り入れしている本人が自己破産をしてしまうと、その時点で返済額を背負うのが連帯保証人になってしまうのです。
そういった意味では本当に本当に最終手段として自己破産を選択肢に入れなといけないのかもしれませんね。

「自己破産」も難さい、その他の債務整理も条件が満たない可能性がある…では、法的手段にて返済するの場合はどうしたらいいのでしょうか。

法律家のプロ、弁護士に相談する

借金返済アプリ

先に紹介した任意整理等であれば連帯保証人に迷惑はかかりません。
ですが、任意整理には定職の条件が…など不安もありますが、そもそも今抱えている借金の利子等は正当なのか?を調べることも大事です。
不当な金額であれば、減額が可能です。過払い金請求というものですね。

自分が抱えている借金の返済期間や金額の妥当性など、無料で診断できるシュミレーターがあるので、そちらを利用してみるといいと思います。
もし、内容が気になればサイトの弁護士に相談も出来ますので、一度調べてみるといいでしょう。

生活を立て直すアドバイス

借金返済までの道筋は見えたでしょうか。
ですが、返済済んだからといって終わりではありません。無償区の状態の人ならなおさらです。就職のあてがあるならまだしも、こらから無職の状態を改善していかなければなりません。

転職ならまだしも、一度職を失ったブランクは多少なりとも大きいと言えるでしょう。
でも一歩一歩前に進めばいいのです。返済と一緒でコツコツと頑張るのが一番の近道かもしれません。

まずはアルバイトやパートから初めてみたり、生活保護申請すのもありですね。
もし、帰れる実家があるのであれば帰ってください。

うつ病などの人にはリワークプログラム(就労支援)もオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

無職の人にだって人権はあります。自分のことを責めずにまずは弁護士に相談しましょう。
状況が悪化すると弱気になってしまうかもしれませんが、必ずゴールがあると信じて借金完済を目指しましょう。