自己破産したら賃貸のマンション・アパートは借りれるのか?

 

自己破産をしたらアパートやマンションはどうなる?

自己破産した後の生活について不安借金に負われ「自己破産」を選択肢にいれたときに、不安になるのが今後の生活でではないでしょうか?

自己破産したら手持ちのお金が全額無くなってしまうのか?今住んでいるアパートやマンションを追い出されてしまうのではないか?

今後、賃貸物件を利用するこが出来るか…?などなど、不安なことが多いと思います。

自己破産が無事に成立したとしても、今後の生活が保障されていなければ、また生活費を借金しての繰り返しになってしまうのではないという点から、なかなか自己破産に踏み出せない人も多いようです。
この賃貸契約などの疑問について、紹介していきたいと思います。

現在住んでいる場所を追い出されるか?

住んでいるマンションやアパートについて追い出されるかの疑問ですが、こちら基本的には追い出されません。

家賃を滞納してない限りは、自己破産をしたからといって出ていってくださいということにはなりません。

ただ、家賃を滞納にしていた場合は少し状況が変わります。滞
納していた家賃の支払いについては自己破産の免責になるので、不要になりますが、今後住み続けられるかどうかは大家さんの判断によって変わるのです。

「自己破産後は支払いをしっかりしてね」という形になるか「過去に家賃を滞納していたので出ていってほしい」という形になるかは大家さん次第なのです。

新しい入居先の審査は通る?

今住んでいる家賃が高すぎて払えないや引っ越しをする必要がでてきた等、様々な事情で新しい入居先を不動産で探さなければいけない状況になった時に、不安になるのは自己破産をしていると審査が通らないのでは?ということではないでしょうか。

こちらについては問題ありません。
何故なら、不動産会社はあなたが自己破産をしたという情報はどこからも仕入れることが出来ないからです。
定職についていれば、審査に落ちることはほぼないと言えるでしょう。

ですが、一点気を付けておきたいポイントとしては、支払いや契約時にクレジットカードを使えないというところです。
自己破産後はしばらくクレジットカードの発行が出来ませんので、現金支払いがokな不動産を探す必要があります。

ただ、現金払いがokな不動産は保証人をつけることがほぼ必須状態ですので、保証人を探す必要も出てきます。

自己破産をしても保証人にはなれるか?

借金返済

自己破産をすると賃貸の保証人になれないのでは?と思う人が大半です。そして保証人になれないと自分の子供などに不便をかけてしまうという不安で、自己破産へ踏み切れない人も多いです。

ですが、心配いりません。
自己破産をしても賃貸の保証人にはなれます。
クレジットカードなどは難しいですが、不動産の賃貸とは別問題ですので、定職についていれば関係ないと言えるでしょう。

自己破産をする前にまず自分の借金を把握しよう

自己破産をまだ迷っている人は、まず自分の借金が今の状態からどれくらい減らせるのかを把握しましょう。

街角法律事務所の「借金返済シュミレーション」サービスを利用すると、自分の借金の状態からいくらまで減額できるのかがわかります。

そのまま弁護士に相談することも可能ですし、もちろん希望しないという選択をすれば電話などがかってくる心配もありません。
また、匿名且つ無料で利用できるので、自己破産をする前によく利用されるサービスです。

まとめ

自己破産をすると賃貸物件などにどう影響するかを紹介していきました。
賃貸契約に対しては大きい影響は無さそうですが、だからといって自己破産が今のあなたにとって最善の選択とは言い切れません。

しっかりと状況を把握してから、しかるべき対処をプロの弁護士などと一緒になって決めることがいいのではないでしょうか。