借金はいくらからヤバいか?

 

抱えている借金がやばくなるのはいくらから?

みんなが抱えている借金、いくらからがやばいという境界線なのか。
安心はできませんが、まだ返済が現実的なラインと、任意整理が必須になってくるやばいラインについて説明していきたいと思います。

具体的な100万円・200万円・300万円といった金額と一緒にシュミレーションをしていきたいと思います。
これくらいの金額であれば住宅ローンなどを利用していた場合、少ないと感じられるかもしれませんが、フォーカスは住宅ローンなどの借金ではなく、それ以外の理由による借金をメインにして考えていきたいと思います。

借金額が100万円はやばいか?

借金に悩む

まず、借金額が100万円の場合はどうでしょうか。3桁となると、ずんと重しがかかったような感覚がありますね。
普通のサラリーマンであれば、年収がそこそこ良かったとしても一括で完済するには難しい金額ではないでしょうか。

100万円を1年で分割返済した場合、毎月8万円程度、2年で分割すると4万円程度になります。
もちろん分割には利子がついてきますので、金額的にはもう少し跳ね上がるとは思いますが、目安としてはこれくらいの金額かと思います。

毎月の負担額的には贅沢をしなければ2年くらいで返済が現実的ではないでしょうか。借金をしていること自体はやばいですが、自己破産を考えるような金額ではないように感じます。

「借金 100万円」の関連記事

借金100万円返済の道のりと効果的な返済方法はコレ!

借金100万円完全返済計画!コツコツ返済方法から借金を大幅減額する手続きも

借金額が200万円はやばいか?

貧困女性

100万円に続いて、次は200万円の場合です。単純に先程の倍ですので、返済期間も倍になると考えた方がよさそうですね。
200万円の一括返済は先程よりも難易度が高くなりますし、分割にしても「借金を返済している」という重たい気持ちの返済期間は長くなります。

ただ、100万円の場合と返済期間が単純に2倍になるのと同時に、利子の期間も2倍になりますので、返済金額自体はかなり多く返済しなくてはいけなくなります。やはり金額が膨れる分、条件的にも厳しくなりますね。

仮に3年間で完済をしようとすると、毎月の返済額は6万程度となります。1日で割ると2,000円くらいでしょうか。
ランチの金額+αのものを毎日節約する感覚でしょうか…?

一瞬、上記のようなイメージであればそんなにきつくなさそう、と思う人もいるかもしれませんが、これが3年間も続くと想像するとかなり厳しいのではないでしょうか。娯楽についても我慢するのはもちろんのこと、友人の誘いなども断る日々が続いていきます。

この辺の金銭感覚については人によるかもしれませんが、借金を背負っている以上、お金に余裕がない人が大半なはずですから、やばい…しんどいと思う人が多いのではないでしょうか。

「借金 200万円」の関連記事

借金200万円の返済方法は?返済期間や利息をシミュレーション

【借金200万円~400万円】借金地獄からスグに抜け出す賢い返済方法

借金額が300万円はやばいか?

借金額100万円、200万円のケースを紹介してきましたが、既に返済生活がやばいことにはお気付きの方がほとんどではないでしょうか。
さらに上回る300万円となると、もう説明しなくても返済にが厳しいことは明確です。
300万円に限らず、100万円でも日々の生活に支障が出る…でも返済期間を延ばしたくはない…と葛藤している人も多いと思います。

毎月の返済をする前に、まず返済シュミレーションをしてみよう

借り入れをした会社から言われるがままに返済をしてる人がほとんどです。
ですが、ここにも落とし穴があります。不当な利息を払い続けている可能性があることです。

よく「過払い金」などという言葉を耳にしますが、不当な利息についてもこれに該当します。
借金返済シュミレーター」というサービスをつかことで、自分の借金額がどれくらいまで減額できるかがわかりますので、まずこのチェックをしましょう。

借金をすること自体はしょうがない場合もあります。それは仕方ありません。
ただ、その後の返済方法だけは情報弱者になってはいけません。賢く、損をせずに返済することが重要となってきます。