借金で会社に電話はかかってくるか?疑問にお答えします

 

借金で会社に電話…そんなことはある?

「借金の件で会社に電話ってかかってくるの?」周りからの信頼関係や出世にも影響が出るのではないかと怯える人も多いはずです。ずばり結論を言うと、かかってくる場合もあります。ここでは、会社にかかってくるケースとそうでないケースについて紹介したいと思います。

申込時の在籍確認として電話がかかってくることも

在籍確認があるかどうかについては、借入をする前に金融機関に問い合わせれば確認をすることが出来ます。しかし、いつどのタイミングで電話がかかってくるかは教えてくれないと思いますので、その点は注意が必要です。

普通の銀行の場合でしたら、「住宅ローンの在籍確認だよ」などと、いろんな理由でシラを切って通せると思うのですが、消費者金融の会社名を電話元で伝えられてしまうとアウトですね。

ちなみに電話がかかってきた際に、相手方は会社名を名乗ることが多いため、その社名でバレてしまうこともありますね。

ちなみに電話で勤め先の事務の人が出た際に、「ご用件は何でしょうか?」と相手方に尋ねるかと思いますが、「〇〇さんと借り入れの件で…」といった話はされませんのでそこは安心してください。

まずないと思いますが、借入元の金融機関の担当者が、電話先の事務の人へ「〇〇さんと借り入れの件で…」といった話を事務の方に話した時点で法律違反です。こういった、個人を特定した形で借入のことを第三者へ口外することは法律違反に当たりますので、逆に賠償金を請求できるでしょう。

ただ、現在では在籍確認をする銀行、消費者金融は減っていますので、もし心配であれば借り入れる際に在籍確認の有無があるかどうかを必ず確認するようにしましょう。

借り入れ後の催促の電話はかかってこない

借り入れ後に、返済の催促電話が会社にまでかかってきたらどうしようと思っている方もいるかもしれませんが、かかってくることはまずありません。ご安心ください。

もし電話がかかってきたとしたら、こちらも法律違反となりますので、逆に訴えることができます。具体的には、貸金業法という法律でそういった内容が取り決められているのですが、法律の詳細を話すと長くなりますのでここでは割愛します。

まれに闇金などで、お構いなしに掛けてくる場合もあるそうですが、銀行・消費者金融ではまずないと考えてください。もしかかってきたら、警察に相談して被害届を出しましょう。

自宅や携帯への督促電話にウンザリしている場合の対処法

恐らく電話がかかってきているということは、多額の借金を抱えているか、返済が滞納しているときでしょう。

もし、返済にお悩みであれば、ひとつだけ確認してほしいことがあります。

それは、今このまま払い続けていつになったら完済するか目途がついているかどうかです。具体的には、5年以上も生活を圧迫する形で返済をし続けなければいけないのであれば、債務整理をすることを検討したほうが良いかと思われます。

債務整理とは、借金を減額もしくは免除してもらう手続きのことをいいます。主に弁護士に依頼して進める手続きとなりますので、もちろん合法です。

債務整理のメリットは、前述したように借金が減額・免除になることです。デメリットとしては、何年かは金融機関で新たな借り入れができなくなったり、クレジットカードを持てなくなることです。

自己破産のように持ち家を手放すことなく、借金を減額・免除することも可能です。

上述したデメリットに関しても、未来永劫続くわけではなく、何年かでまた借り入れやクレジットカードを所持することが可能になるため、正直言って返すアテもなくダラダラしているぐらいであれば、債務整理をしたほうが断然いいかと思います。人生をリスタートさせるには早い決断であればあるほど良いに決まっています。

とはいえ借金問題をどうしたらいいか分からない方は、まずは借金返済シミュレーションをやってみることをお勧めします。今の借金がどのぐらい減るかを無料で診断できるツールです。匿名かつ無料ですぐに使えます。、