クレカで多額の借金が…返済方法は?

 

クレジットカードでの借金

クレジットカードで買い物をする場合、一括払いであれば利用した翌月末に支払いをすることになりますね。もし買い物をたくさんしてしまって、翌月末に支払う余裕がなければ、リボ払いにすることで何回かに分けて支払いをすることができます。
便利なので、ついつい利用してしまいがちなリボ払いでありますが、これが借金を負っているということを忘れてはいけません。

借金といった感覚を失う一歩

当たり前のことですが、このようなリボ払いをすることによって、本来支払うべきタイミングで支払う必要はなくなり、返済を先送りにすることができます。
先送りにするといったことで、手元にお金がなくても買い物ができてしまうのだといった錯覚に陥ってしまうのです。一度そのような体験をすると、「いつか払うからいいや」といったように、支払いの感覚がマヒしてくるのです。
これは、借金をすることに慣れてしまうと同じであり、借金地獄への入り口になりかねないと考えられます。

クレカだけでなくカードローンなどで借金して多重債務にも

クレジットカードのリボ払いをする人は、恐らくカードローンも抵抗なく利用できる人でしょう。
カードローンも基本的には同じです。カードローンの機能を一言でいうと、ATMにカードを入れればお金を借りることができるのです。
返済も同様に、複数回に分けて行うことになります。クレカのリボ払いやカードローンに慣れてしまうと、本来買わなくていいような大きい買い物もしやすくなります。
おまけに、クレジットカードやカードローンでは、借入の枠(金額)が決められているため、枠がいっぱいになってしまったら、他社のカードローンで足りない分を賄うといった、借金の連鎖になってしまうのです。
複数社からお金を借りている人を多重債務といい、自身の収入だけではちょっとの努力では完済ができない状態となります。
主婦や学生などでもカードローンを利用することができますので、返済の目途がつかないままとりあえず毎月返済をしている人も少なからずいます。

クレカやカードローンの借金が返せない場合にはどうすればいい?

まず、クレジットカード会社や消費者金融、銀行相手に返済を待ってくれるよう交渉することはできないでしょう。むしろ、返済が滞るようだと遅延損害金が課せられます。遅延損害金とは、毎月の返済期日に支払いができない場合に上乗せして利息を徴収するものです。

完済の目途が立っていないなら債務整理も検討

債務整理とは、法的に借金を減額するための手続きです。主に弁護士に依頼することによって進めることが多いです。
債務整理にも色々と種類があり、利息分を免除してくれる「任意整理」や、元金の8割を免除してくれる「個人再生」など様々です。
皆さんが一度は聞いたことのある「自己破産」も債務整理のひとつです。自己破産は、借金をすべて免除してもらえる代わりに持ち家を含む財産が没収されるものです。自己破産は最終手段ともいえるため、あまりお勧めはできません。
一方で、任意整理や個人再生であれば、財産を守りながら借金を大幅に減額することが可能なので、経済的に首が回らなくなっている状況であれば、一度検討してみるべきでしょう。

弁護士と一緒になって進める手続きなので、当然合法なものです。まずは今の借金がどれぐらい減額されるかを借金診断シミュレーターで確かめてみるといいでしょう。無料・匿名で利用することが可能です。