連帯保証人にも時効あり!時効の援用で借金をなくす条件・方法は?

 

連帯保証人の時効とは?

連帯保証人…、あまり引き受けたくないものですがどうしても引き受けなければいけないケースってありますよね。連帯保証人なので、主債務者(お金を借りた張本人)に何かあると、代わって返済をしなければいけない義務があります。

しかし、借金にも時効が存在するので、一定条件を満たせば、主債務者と同様に、借金を支払わなくてもよいことになります。時効成立の要件などをご紹介していきたいと思います。

返済が全く無いまま時間が過ぎると時効に

主債務者が1円も返済をせずにいた場合、時効にになる可能性があります。もし、連帯保証人のところに請求が来た場合、主債務者は支払いが出来ていないということになるので、もしかすると時効にかかっている可能性があります。

ですので、まずは主債務者の返済状況を確認してみましょう。もしかすると、借金の肩代わりをしなくても良くなるかもしれません。ただし、、時効が成立するためには以下の条件を満たさなければいけませんので順を追って見てみましょう。

時効になる条件

一定期間経過していることが必要

まず1つ目の条件として、借金をした日から一定の年月が経過していることが必要です。一定期間とは、貸主によって異なりますが、サラ金(消費者金融)、クレジットカード会社、銀行などの金融機関である場合は「5年」、個人(親族・知人)の場合は「10年」となっています。

まずはこちらの期間が経過しているかを確認してみましょう。

「時効の援用」を主張すること

次に必要な条件として、、「時効が成立した」ということを貸主に主張をすることです。年数が経過したから「はい、これで時効ね」と言ったわけにはいかないのです。時効が成立したと主張することを「時効の援用」と言い、時効の援用は、主債務者だけでなく、連帯保証人も行うことができます。

なお、時効の援用を主張するには決まった形式がないため、口頭でも可能なのですが、念のため内容証明郵便などを用いるほうが後のトラブルを回避することができるでしょう。

時効が成立しなくなる条件

先ほど、一定期間経過すると時効になると述べましたが、この一定期間内に、’あること’が起きると時効が成立しなくなり、時効は中断されます。

借金の一部でも返済(弁済)してしまうこと

例えば、一定期間の間に一部でも借金返済していたら、その時点で時効成立までの時間はリセットされます。ちなみに法律用語で、借金の返済のことを弁済といいます。リセットされてから、また一定期間を経過するまで待たなければいけません。

貸主から返済の請求があること

返済の請求とは、裁判上の請求のことを指します。督促状や電話での督促だけでは時効が中断することはありません。あくまでも裁判所からの通達(訴状など)によって、時効の中断が発生します。

差し押さえ

差し押さえまでの状況に発展していたら、いくらこれまで1円も支払ってこなくても時効は成立しません。差し押さえは、裁判所による命令ですので、これを拒むことはできません。差し押さえは強制的に行われます。

仮差し押さえ

借り差し押さえ、仮処分とは、裁判をする前に債務者(お金の借り手)の財産に目星をつけて、何かあったときに強制的に支払いに充てられるようにするといったものです。例えば、裁判中に債務者に家を売却されてしまうと、返済に充てられるものがなくなってしまうので、そうならないように予め押さえておくことが必要なのです。

貸主が主債務者または連帯保証人に対して、これら差押え等をすると、時効は中断します。

承認

「承認」とは、借金があるということを認める行為を指します。借金を返済するという行為も、借金をしていることを認識(承認)した上でのことですので、「承認」に当たります。また、「返済はもう少し待って欲しい」と返済の猶予を求める行為も、借金があることを前提としたものですので、これも「承認」となり、時効を中断することになります。

また、承認行為は主催者が行ったときに時効の中断が発生します。連帯保証人が承認をした場合には、時効は中断しません。

連帯保証人は「要注意」すべき時効の中断パターン

主債務者が破産している

主債務者が破産をすることで、主債務者は借金を投げ打つ(返済を免除)することが可能です。しかし、連帯保証人の場合、免除の対象とはなりません。主債務者が投げ打った分の返済をしなければいけないのです。

もちろん、主債務者が破産をした場合には、時効は中断といった形になりますので、連帯保証人に返済義務が生じるため、同様に挟んでもしない限り、主債務者の肩代わりをしなければいけません。

主債務者が死亡して相続をした場合

主に家族(親族)の連帯保証人であった場合に多いのですが、自分が家族の連帯保証人になっていた場合に、その家族が亡くなって自分が相続したとします。その借金を一部でも返済することで上記で述べた「承認」に当たるため、時効が中断することになります。

また、相続をすることにより、法律上、連帯保証人という立場だけでなく、主債務者という立場も引き継ぐ(相続する)ことになります。そのため、主債務者を相続した場合は、時効の中断ついて特に注意してください。

もし連帯保証人の立場で返済ができなくなったら?

まさか主債務者が返済不可能な状況に陥るとは思ってもおらず、連帯保証人が肩代わりをしなければいけなくなったときにどうすればいいのでしょうか?

また、連帯保証人としてもお金を返済することができない場合にはどうすればいいのでしょうか?

破産せずに返済を可能にする方法としては、債務整理が考えられます。自己破産も債務整理のひとつなのですが、別の債務整理手続きもありますので、検討すべきでしょう。自己破産をすると、借金額のすべてが免除される代わりに、ほぼ全財産を失いますが、そうならないための債務整理手続きもあります。

たとえば、個人再生という債務整理であれば、財産を残したまま借金を80%減額することが可能です。弁護士の無料相談などで、どういった選択肢がベストなのか話し合ってみるのがいいでしょう。

まずは今の借金がどれぐらい減額されるかを借金診断シミュレーターで確かめてみるといいでしょう。無料・匿名で利用することが可能です。

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!