女性の借金返済方法。キャバクラ、風俗で働いても減らない時どうする?

 

女性の借金返済方法は「水商売」が圧倒的?

借金を返済中の女性は数多くの人が水商売をしています。理由は普通のOLよりも稼ぎが良いからです。返済するために働き始める人もいれば、中にはもともと水商売をしていたという人もいます。

ですが稼ぎが良く、大きい金額が手に入る水商売でもこなかなか返済が上手くいかないことが多々あります。全く返済金額が減らないどころか、さらに借金を増やしてしまうケースだってあるのです。これは、水商売は想定よりも出費がかさむためです。身なりや飲み代・ドレス代などたくさんの購入品が必要になります。

今回はそんな水商売の人が、借金を減らすためにすべきことについて紹介します。

少しでも早く借金返済を行い、水商売から抜け出したい人は、ぜひ参考にしてください。

水商売をしても借金が減らない「出費」とはどんなもの?

先程も記載したように、ときには収入を上回る出費とはどういったものなのでしょうか。自分の状況と照らし合わせてみて参考にしてみてください。

仕事上必要になるもの

エステ、ネイル、化粧品などの自分磨き
ドレスやアクセサリーといった商売道具の新調(季節ごと)
毎日のヘアセット
ツケ払いや飲食代の立て替え

夜の仕事同士の付き合い

ホストやクラブなどで使うお金
タクシー代などの交通費

あくまで一例ですが、スタンダードな出費の項目を並べてみました。これだけでも出費がかなり多くかかっていることがわかりますよね。
こういった出費があることによって水商売であっても返済がスムーズにいかないことが多いのです。

借金地獄になる前に、債務整理するという選択肢

借金返済のストレスからさらに借金をかかえてしまう人もいるので、そうなる前に借金の返済が難しいと判断したときは、債務整理をするという選択肢もあります。

債務整理を行うことで、借金問題はほぼ解決することができるでしょう。債務整理には任意整理、個人再生、自己破産といった種類がありますが、どの方法が適しているかなどは個人の借金状態や収入の状態によって変わります。

どの債務整理方法を選べばいいのかは一般人には判断できませんので、まずは弁護士に相談するようにしましょう。

WEB上で無料で借金をいくら減らせるかわかる「借金返済シミュレーター」も利用をおすすめします。債務整理の前に、今の借金がどれくらいまで減らすことができるか調べることが可能です。