【借金の相続】時効はあるの?時効までに何年必要?

 

遺産の相続と聞くと不動産や土地などプラスなものを想像しがちですが、実はマイナスの財産が多くあるというのが現実です。もちろんマイナスな財産についても含めて引き継ぐのが相続ですので、借金などがあった場合はそのまま背負うことになるのです。

ただ、借金の支払いについては時効というシステムが存在しますので、借金支払い義務が消滅することがあります。相続金の借金についても同様になるのか、この記事で説明してきたいと思います。

まず借金の時効の基本的な知識

借金は何年で時効になる?

通常ですと、民法では「債権は、10年間行使しないときは、消滅する。」(民法167条1項)と規定されているので、借金などの債権の消滅時効は、原則として10年となります。

そして、借金の種類が商法になれば、5年で時効になります。商法とは、銀行や消費者金融などの業者からお金を借りるケースが当てはまります。個人間などでのお金の借金は民法に当てはまります。

「商行為によって生じた債権は、この法律に別段の定めがある場合を除き、5年間行使しないときは、時効によって消滅する。」(商法522条本文)

時効の計算はいつの時点から?

借金の時効の起算点は、「消滅時効期間は、権利を行使することができるときから進行する」(民法166条1項)とされています。

「権利を行使することができるとき」とは、「借金を返してください。」と言えるときということですから、通常は返済期日が起算点となるでしょう。

返済期日などを設定していない借金については、契約をした日が起算日になるというわけです。
銀行や消費者金融などのカードローンで借金をしている場合は、最後の返済日から5年というカウントになります。

相続した借金にも時効はある

さて、本題の「相続した借金にも時効があるか」ですが、答えはYESです。

借金を相続する場合には、亡くなった人(被相続人)の借主としての立場をそのまま受け継ぐことになるのですが、被相続人の立場で時効の要件をみたせば、相続人が借金を時効消滅させることもできます。なので、条件としては上記と一緒ということですね。

相続放棄という選択肢もある

借金を時効にする方法をお教えしましたが、相続放棄という選択肢もあるのです。相続の有無を知った3ヶ月以内であれば相続放棄をすることが可能です。これを行うと、借金を引き継がないことができるのです。

ですが、この相続放棄を行うと、財産についても一緒の対応をとらなくてはいけなくなるので、プラスの財産も放棄をする形になってしまいます。
こちらの判断は慎重にしておいたほうがいいのと、相続放棄をし後に財産が見つかることもありますので、自分で調査を行ってから手続きに進んだ方が良いでしょう。

債務整理をするという選択肢

借金返済アプリ

借金の時効は年数にすると最短5年ですが、その期間何もしなくても過ごせるわけではありません。下手すると裁判を起こされ、もっと金額が増える可能性だってあるんです。
そうなる前に債務整理をするということも選択肢の一つとして覚えておきましょう。

債務整理をすると借金を減額・または免除にできます。
実行には弁護士への依頼が必要不可欠ですが、まずはWEBから無料で相談することも可能です。「借金返済シミュレーター」を使用すれば、今の自分の借金額からいくら減らせるのかわかるので、相談前に利用してみるとイメージが沸いて良いでしょう。