借金返済には自炊が不可欠!健康で楽しく1食300円以下で乗り切る!

 

そうだ、食費を削ろう!

借金返済をしている身分なのに、1食1,000円程度の外食をしているようでは甘い!こんなようでは、いつまで経っても借金返済はできないものです。削れるところから削らなくてはいけないのは分かっているかと思いますが、食費は大いに削る余地はあるかと思います。

食費を削って自炊する効果はかなり大きい!

一人暮らしであれば、昼も夜も自分で何とかしなければいけない方が多いはずです。昼も夜も外食で済まそうとすると、1日の飲食代は2,000~3,000円ぐらいかかる人は多いのではないでしょうか。

昼休みはオフィスでご飯を食べると、休憩した気にならないので外食をしている人も多いはずでしょう。また、首都圏などで働いているサラリーマンであれば、1食1,000円ランチになってしまったりと、なかなか節約をしたくてもできませんね。

そういった方は、まずは夜だけでも自炊したらだいぶ違いますよ。

無理せず栄養素が偏らない自炊術

いきなり料理なんてできないよ…という方もいるかもしれませんので、時短で安価、なおかつ手間がほとんどかからないような自炊術を挙げていきたいと思います。これまで自炊をするなんて考えなんて無いという方でも、今日その日から始められます。

最悪、米さえあれば生きられる

まず、2キロの米であれば、1,000円以下で手に入ります。1合が約150gなので、20~30食分は持つ形になりますね。正直、米がかなり大事です。最悪、米さえあれば生きられます。

さすがに味気ないので、卵かけごはん、納豆ご飯など、安価なトッピングを加えてもいいでしょう。また、より高い栄養素を求めるならば、めかぶ、もずく酢などを足しても1食あたり計100円もいかないはずです。

野菜をとっても1食あたり+100円もいかない

上記に加えて、ほうれん草、トマト、わかめなどの野菜を買ったとしても、1食100円以内に収まる形でお手製サラダを作れます。ほうれん草は3回ぐらいに分けて使えますし、トマトは1回あたり半個、わかめは乾燥のものであれば何十回と使えますので、このように何回かに渡って食べることで1回100円以内でサラダを食べられます。おまけに、コンビニのサラダとは違って、とてもフレッシュなので、健康にもいいです。

米150g     15円

納豆1パック   25円

もずく酢1パック 30円

お手製サラダ  100円

なんと170円で済みますね。これで、炭水化物やビタミン・ミネラルも摂れますのでかなり健康そうです。あとはスーパーでお肉や魚を買ったとしても、1食あたり300円以内で済ませることが出来るので、かなり効果は大きいですね。

1,000円の夕食を30日続けた場合、月間3万円なのに対し、1日300円の自炊であれば9,000円です。2.1万円の差が出るのはかなり大きいですね。夜だけの外食をやめるだけでも、かなり効果はあるといえるでしょう。昼も自炊してお弁当を持っていくと、効果は倍の4.2万円です。

また、実際に自炊をするとかなりハマります。ヘルシーなものを安価で食べれるのも魅力なので、心がけたいものですね。

ラーメンもパスタも1食100円程度で

ラーメン、パスタにしてもカップ麺を買うのではなく、乾麺を買うといいでしょう。

たとえばパスタの麺であれば500gで250円程度で手に入ります。つまり、麺1人前で50円です。パスタのソースもレトルトで2人前150円程度(1人分に換算すると75円)で売っているので、1食125円になりますね。野菜を入れても1食200円ぐらいで収まりそうですね。

カップ麺よりもかなり健康的で経済的です。

まとめ

節約に自炊は欠かせないのと同様に、借金返済の道でもやはり自炊をするというのは必要不可欠といえるでしょう。自炊をすることは、節約だけでなく、自身の料理のスキルを上げたり、健康にも繋がってきます。

借金返済はとても苦しく、余裕さえ感じることがなかなか出来ないですが、気分転換として自炊をしながら借金を返済していけるといいでしょう。