一度も返済を行っていない借金の任意整理は可能?

 

消費者金融からの借り入れの返済が出来なくなり、キャッシュを作るために別の消費者金融でさらに借金をし、その繰り返しをしていくうちに、借金額がとんでもない額に膨らんでしまった…そんなとき、任意整理を行うことはできるのか?仮に一度も返済行為をしていない借金であってもそれは可能なのか?を解説していきたいと思います。

多重債務者が陥りやすい借金地獄

上記でも説明したように、消費者金融などの賃貸業者から借りたお金を返せなくなり、別の消費者金融に借金をするといった行為を「まわし」や「自転車操業」と比喩されます。
こういった自転車操業の状況になってしまうと、利息がその分膨らみ、借金額も増えて借金地獄に陥ってしまいます。典型的な多重債務者のパターンといえるでしょう。

こういった多重債務の借金地獄に陥ってしまうと、ある消費者金融から借りた借金は一度も返済が出来ていない…などといった状況にもなりえます。そうなると任意整理を行いたくても、条件的に厳しきなってきてしまう可能性があります。

自己破産や個人再生は可能?

任意整理は「一度の返済を行っていない」状態だと返済の意思がないとみなされ、和解に持ち込むには厳しい状況になってしまいます。では、自己破産や個人再生はどうでしょうか。

こちらについても一筋縄では行かないと考えた方が良いでしょう。賃貸業者側から「意義申し立て」を訴えられる可能性が高いためです。この申し立てをされると、個人再生の計画が不許可になったり、自己破産による借金の免責が無効になる可能性があります。どちらにしても一度も返済行為を行っていないと不利な状況になるということです。

なぜこのような状況になってしまうかというと、債務整理(任意整理、自己破産、個人再生)は、「借金の返済が状況的に難しくなってしまった」人で「借金を返す意思はあった」というのが前提条件になるからです。そういった人のための救済措置になるのです。

なので、一度も返済をしていないと「もともと借金を踏み倒すつもりで借り入れをしていた」とみなされてしまうのです。場合によっては「詐欺」となって訴えられてしまうことだってありえます。

まずは借金返済シミュレーターで試してみる

多重債務で借金が膨らみ、任意整理も条件が厳しそう…そんな時はまず弁護士に相談するがベストですが、現実的に今自分の借金がどれくらいまで減額できるかがわかる「借金返済シミュレーター」というものがあります。

過払い金等がどれくらい発生するかがわかりますので、多すぎる利息などを計算して借金の減額をシミュレーションしてくれます。無料で利用できるので、安心して使うことが出来ます。
また、シミュレーション後に結果を弁護士事務所に送信するか選べるので、状況を理解した弁護士と相談することが出来ます。

直接弁護士に相談するのが怖い…と思ってる人は一度利用してみてはいかがでしょうか。