【家賃保証?】ワンルームマンション投資で失敗!借金まみれで債務整理に

 

サラリーマンの間でも人気のワンルームマンション投資

ゼロ金利、マイナス金利の経済が続く中で、あまり良い投資商品が見当たらないということもあり、ワンルームマンション投資をする人が増えています。

サラリーマンだと不動産投資ローンも通りやすく、おまけに毎月の支払は2万円程度といった謳い文句から気軽に始められるといった印象を抱く人が多いようです。

家賃収入さえ入ってくればとても利回りが良く、高収入を得ることのできるのが魅力です。

しかし、危険な落とし穴もいっぱいです。ここでは、どのように借金を抱えてしまったのかや、借金を支払えないときの対処法をお伝えしたいと思います。

「家賃保証」という甘い罠

不動産投資の勧誘のとき、必ずといっていいほどお決まりの営業マンの謳い文句があります。それは、「空室が発生しても家賃は保証される」という甘い話です。

これを聞くと、不動産投資は必ず儲かるのではないかと錯覚してしまいそうですが、まずそんなことはありません。世の中、甘い話には裏があるものです。

不動産投資には、空室が発生してもその家賃を保証してくれるという契約(サブリース)があります。つまり、リスクを回避するための契約をすることができます。

確かに、こういった契約があるのは事実です。しかし、これは期限付きなのです。

契約書をよく見てみると、家賃保証をする金額については2年ごとに見直すなどの記載があります。そうなると、長い年数(だいたい35年ぐらい)の間に、悪条件での契約更新を何度もさせられる可能性があります。

最初の数年はリスクゼロに近い形で家賃収入も入ってくるのですが、契約更新のたびに家賃保証の金額が下がってきて、赤字状態が続いてしまうといったことが起きてしまうのです。

そうなると、家計も火の車ですよね。結局、当初予定していた2万円程度の返済額が大幅に増えてしまい、毎月7~8万円程度支払わなければいけない事態にも。しかも、2部屋投資していたとなると倍のコストなので、もう収拾はつかなくなります。

おまけに売ろうにも売れないといったことも考えられます。ワンルームマンションはかなり建設ラッシュなので、供給過多となり、予定していた金額の半分程度でも捌けないといった可能性もあります。

ワンルームマンションで抱えた負債を払えなくなったら?

もしワンルームマンションで抱えた負債を完済する目途が立たなくなってしまった場合には、債務整理をするしかありません。

債務整理は、弁護士などを通して行うもので、借金を減額もしくは免除するための手続きです。

今のあなたの借金がどれほど減額するかを確かめるシミュレーションもあるので、今抱えている借金で首が回らなくなってしまった場合には、試してみてください。