20代女性が借金をしてしまったら?借金減額の対策と方法

   2018/05/25

何故?最近急増中の若い人の借金理由

若いからといって借金と無縁とは限りません。家族の不幸により、親から相続をしてしまうケースもあります。
もちろん自己責任でクレジットカードなども作成出来るため、そういった場合もあります。

どういったケースでの借金が多いか調べてみました。

リボ払いの闇で借金地獄に

一番陥りやすいのがリボ払いによる借金コースです。学生でも簡単に作ることが出来るクレジットカードで、ショッピングをしたとします。高い買い物をした場合に便利に「リボ払い」という分割支払い方法があるので、それを利用する人は多いです。
目先の支払いは少なくなり、使えるお金が増えるので、どんどん買い物をしていきます。するとあっという間に限度額に達します。もちろん月々の支払いが出来なくなるので、キャッシングを使ってお金を借りてしまうのです。

ここまできたらもうリボ払いの闇に入ってます。キャッシングも限度額が決まっているので、その支払いのためにまた消費者金曜等から借金を繰り返す羽目になるということです。

リボ払いをすること自体は悪いことではないですし、計画的に利用すれば便利な支払い方法と言えます。
しかし、一括払いが出来ないからという理由でリボ払いに変更するという流れ方があまり良くないと言えますね。この時点で危機感を感じて、無駄使いを控えるようにしておけば早い段階で解決ができたでしょう。

もし、20代の女性で借金の金額が自分の年収の半分を超えているようでしたら、債務整理をおすすめします。

債務整理には弁護士の力が必要ですが、いくらまで減額できるかわかるシミュレーターは無料で利用できますので、そちらを使用することもおすすめです。

債務整理をするにあたって

債務整理についてですが、方法として任意整理・特定調停・個人再生・自己破産という4つの方法があります。

20代の女性でしたら、任意整理課特定調停での解決が望ましいでしょう。個人再生や自己破産をしてしまうと最長で10年間ブラックリストに登録されてしまうので、デメリットが大きいです。また、住宅ローンが組めなくなってしまったりします。

時間や手間を節約するなら弁護士・司法書士に依頼をして任意整理をするのがおすすめですが、コストを節約したい人は特定調停も検討してみましょう。

法的手続きによって、自分の借金がどれくらい減額される可能性があるか分かります。入力は30秒で、匿名・無料にてご利用可能です。