意外と多い借金1億円?!普通のサラリーマンでも…

 

普通のサラリーマンでも借金1億円はいる

借金1億円というと、どんなイメージでしょうか?現実的な金額ではなさすぎて、想像できないといった方が多いのではないでしょうか。

しかし、借金1億円は、意外にいるものなのです。普通のサラリーマンであってもこんな大金を借金してしまうとはどういうケースでしょうか。

不動産投資と住宅ローン持ち

最近では、あまり良い投資対象のものがないということもあり、不動産投資を始める人が増えてきています。不動産投資というと、マンションやアパートなどのワンルーム投資などが多いですね。

都内ですと、新築のワンルームが2,000~3,000万円ぐらいです。これらの物件を、2つ持つと、5,000万円ぐらいはいきますね。不動産投資ローンを組むことによって、家賃収入が入ってくれば、毎月の持ち出しが1万円程度で済むような形を取ることができます。

また、不動産投資ローンを組みつつ、住宅ローンも組むことができるのです。住宅も、都内で一戸建てだと4,000万円程度はしますよね。合わせると、1億円程度の借金になってしまうのです。

借金だが、資産としても考えられる

住宅ローンは、誰もが支払わなければいけないものですし、不動産についても家賃収入が入っているので、実際の持ち出しはそこまで多くなりません。

恐らく、両方のローン合わせて15万円~20万円程度になるのではないでしょうか。決して少なくない金額ですが、払えない金額ではないでしょう。

それに、両方とも資産として考えられるので、ローンを返済し終わったら、不動産投資の家賃収入が入ってくるので、将来的にはプラスに転じて不労所得を得ながら暮らしていくことも可能です。

表面上は、1億円程度の借金になってしまいますが、資産としての価値があるため、実際の借金額はその半分ぐらいでしょう。1億円の借り入れがあるという事実だけを考えるとかなり重いですが…。

不動産投資に失敗すればかなり大きなマイナスにもなる

不動産投資物件で空室が出来てしまった場合、賃料を得ることができずにローンの支払いをしなければいけないので、破産するレベルで支出が増える場合もあります。

空室だった場合には、家賃収入に頼らずに不動産投資ローンを返済するのと、さらに住宅ローンの返済がのしかかります。その場合、30万円以上の持ち出しとなります。

そうなってくると、一気に破産コースといった人も少なくありませんし、実際にそういった記事も見たりします。

資産を持っているとはいえ、空室ではお金を生まないので、その点はは大きなリスクとして考えておくべきでしょう。

借金を払えなくなったらどうすればいい?

借金が返済できなくなるまで、経済的に首が回らなくなってしまったら、債務整理をするしかないでしょう。

債務整理は法的に認められた借金減額の手続きです。完済の目途がつかずに借金をダラダラ払い続けるよりは、債務整理をしたほうが人生を早めにリスタートできる可能性がかなり高いです。
まずは今の借金がどれぐらい減額されるかを借金診断シミュレーターで確かめてみるといいでしょう。無料・匿名で利用することが可能です。