カードローンの借入額が限界になってしまったときに気を付けたいこと

 

カードローンの借入額が限界になってしまったときに気を付けたいこと

クレジットカードで商品券やブランド品を買って、それを換金するといった行為は、クレジットカードの与信枠の現金化にあたり、法律で禁止されている行為です。
特に商品券は、金額の95%以上で買い取ってもらえるため、とても換金率が良いのです。その換金率の良さから、クレジットカードで購入した商品券を売りさばくといった行為を行う人も、実際に多くいるかと思います。

法律にも抵触するため、クレジットカードが利用停止になる可能性が高いです。クレジットカード会社も、こういった行為には目を光らせているため、そういった行為が目立つとバレる確率が高くなります。
具体的には、以下のような行為がバレる可能性が高いといえるでしょう。
・クレジットカードで何度も金券を購入している
・キャッシング枠が限界を迎えている(迎えようとしている)ときに、クレジットカードで商品券を購入

多重債務は絶対にしないこと

これ以上の借金を増やさないよう、他社でカードローンを契約したりなど多重債務は絶対に避けるべきです。多重債務となると、借金は今以上に雪だるま式で増えていくことになり、収集がつかなくなる可能性が一段と高まります。

また、多重債務者の借金は100万円を超えていることが多いです。利息も乗っかってきますので、返済までにかなりの時間がかかるものなります。

今いちど、今の借金額の返済プランを考えてみるべき

すでにキャッシング限度枠が限界を迎えようとしているということは、あなたの返済能力をオーバーしようとしているサインです。
そんなときにクレジットカードの現金化をして、別の形で借金額を増やそうとしても焼け石に水です。今いちど借金と向き合う機会かもしれません。もし今の返済プランでは、完済の見込みが立たないというのであれば、今の借金を減額する手続き(債務整理)も検討の視野に入れておかないといけなくなります。
債務整理とは、借金の一部またはすべてを免除するための手続きであり、法的に認められた手続きとなります。

以下のリンクから、今の借金がどれぐらい減額されるかを借金診断シミュレーターで確認することができます。もし弁護士と相談したいのであれば、必要に応じて無料・匿名で利用することが可能です。