【取り立てのルールを知っておこう】借金取り立ては実家にも来る?

 

自分が借金をして返済中だという事実は、秘密にしておきたいものですよね。恋人・友人・会社の人…知られたくない人は様々だと思いますが、その中でも両親にや家族に知られるのが一番心理的につらいのではないでしょうか。

家族には心配をかけたくないという想いや、自分のプライドが許さないという気持ちもあるでしょう。

まず、安心していただきたいのが実家に借金のことがバレることはないということです。期日までに返済できなかったとしてもです。

そもそも銀行や消費者金融が、借金の事実を債務者(お金を借りている人)以外に周知することはまずないです。それは、賃金業法という法律や、各自で定めている借金取り立てのガイドラインに違反してしまう可能性が高いためです。

では借金取り立ては具体的にどのように行われるのか?また、取り立て方法を定めたガイドラインの内容はどういうものか?を詳しく解説していきます。

原則、借金の取り立て先は債務者のみ

よくドラマや映画等で借金の取り立て業者が家まで来て取り立てを行っているシーンがあるかと思います。あれだけを見ると身辺調査をされて手当たり次第に脅しにかかる怖いイメージがあると思います。
ただ、ああいった取り立てはフィクションですので、現実ではありえません。借金の催促は本人へのみ行われます。

もし恐喝や暴力行為などで取り立てをすると犯罪になります。また、本人以外への取り立ても賃金業法で定められている取り立てのガイドラインに反する行為になるため、出来ないのです。

なので、返済期日が少し過ぎてしまった途端に家族に連絡がいって借金ガバレてしまう…なんてことはないのです。ましてや、自分以外の人に取り立てをする心配もありません。

消費者金融や銀行から借金催促の電話があった場合には、返済可能日を聞かれますので、状況に応じて返済日を返答するだけで解決です。その期日さえ守ればペナルティを受けることもないでしょう。ただ、利息については日で換算していますので、すこし多めにとられることになるでしょう。

期日までに返済が難しいと毎回感じるている人

急な出費等で今回だけは用意するのが難しい…というパターンではなく、毎回毎回、返済額を用意するのが難しいと感じる人は、「借金返済シュミレーター」にて借金の返済スケジュールを見直しましょう。

今の借金から返済スケジュールを立てられますので、無理のない返済スケジュールを見直しましょう。また多重債務者の人は「過払い金」が発生する可能性もあるので、借金が減額になるケースもあります。

借金が減額になるとわかれば、そのまま弁護士に相談できますので、便利なサービスです。
(相談までは無料で利用できます。)
スケジュール見直しのみでも利用してみることをおすすめします。

知っておくと便利!借金取り立てについてのガイドライン

知っておくと便利なのが賃金業法の21条です。
21条には「取り立て行為の規制」という項目があり、この箇所で取り立てについてのルールが定められています。

例えば以下のような行動を取るとガイドラインに違反していることになり、法律によって罰されます。

正当な理由なく、夜間(午後9時以降)や早朝(午前8時以前)に、債務者(借り手)の自宅を訪問すること
正当な理由なく、勤務先など、自宅以外の場所に連絡すること
債務者の自宅等を訪問した場合に、債務者から退去の要求があったにもかかわらず、退去しないこと
債務者以外の者(親族、知人等)に対して、借金の肩代わりを要求すること

ただ、抽象的な内容もあり、どこからどこまでが合法で違法なのか、線引きが難しい部分もありますが、切り札として知っておくと便利でしょう。