借金で疲れてうつ病に…そんなときはどうすればいい?

 

借金でうつ病に!自殺者も多い借金問題

借金を返済していると、自分で使えるお金はわずかとなり、毎日ギリギリの生活を送ることになってしまうでしょう。そんな生活が続けば、精神的にも正気を保つことが難しくなり、うつ病になってしまうことも大いにあります。

借金が原因で自殺をする人も多いので、それほど「借金」がもたらす身心への影響は大きいのです。

もう経済的にも身心も限界だという場合

今後、このまま借金を返済し続けても完済できような見込みがないと、借金のことを考えてうつ病になってしまい、仕事にも支障が出るなど死活問題になりかねません。毎月の借金を返せなくなるのが先か、自分の身体が壊れるのが先かといった、絶対に幸せになれないような負のスパイラルがずっと続くかもしれないのです。

そんな状態が続くのであれば、借金をダラダラ返済するのもやめにするのも一つの選択肢かと思います。

債務整理をするのであれば、借金の一部またはすべてを免除することが出来ます。弁護士などの専門家が進めてくれる手続きのため、もちろん合法なものです。

債務整理をすると、一定期間は新たな借り入れやクレジットカードを持てなくなるなどの制限がかかりますが、数年程度で元の生活に戻ることが可能です。裏を返すと、数年の間、多少の我慢をすれば、また人生のリスタートをすることが可能なのです。

数年で完済できるような借金でなければ、債務整理といった選択をすることを前向きに検討したほうがいいでしょう。今のままダラダラ借金を返済しているようでは、完済できる見込みもないまま、精神的にもボロボロになって再起不能といった可能性もあります。

以下のリンクから、今の借金がどれぐらい減額されるかを借金診断シミュレーターで確認することができます。もし弁護士と相談したいのであれば、必要に応じて無料・匿名で利用することが可能です。