借金体質ってどんな人?特徴と解決方法

 

借金体質には特徴あり

借金による多重債務で悩んでいる人は大勢います。毎日が借金返済の日々になり、他の事を考える余裕もなく四六時中お金のやりくりのことを考えているでしょう。
そういった状況では自分の考えがそもそも正常なのか異常なのかという考えにも至りません。

ですが、覚えていてほしいのが、借金を繰り返す人は共通してみられる考え方や特徴があるのです。
この記事にたどり着いたのですから、その特徴についてチェックしてみましょう。

隠し事・嘘は抵抗があるか?

借金を抱えると家族・友人にオープンに出来ない人がほとんどです。
知られたくない場合、嘘をつくことになります。最初は後ろめたい気持ちや、申し訳ない気持ちがあるのですが、次第にその感覚がなくなってきて、どんな時でも平気で嘘がつけるようになってしまいます。

見栄っ張りな性格は借金を作りやすい

デートでは女性に出させたくないから払ってしまう。後輩と飲みに行くときも多く出してしまう。
時計や財布も良いものを身につけていたいという願望が大きい人は借金を非常にしやすいです。

自分の経済状況を受け入れることが出来ず、つい大きい顔をしたがいために、キャッシングしてしまう人が多数います。
もちろん、家族には相談せずにキャッシングをしてしまうので、嘘を重ねながら返済を繰り返す羽目になります。

自転車操業でも問題ない

多重債務者にありがちなのが、返済が滞りそうになると、他の金融会社から借入をして返済に充てる行為をし始めます。
正常な感覚としては、キャッシングをする行為自体が抵抗があるものなので、そんなに簡単に起こせる行動ではありません。

しかし返済に追われている脳では、ひとまず目先の返済を乗り越えられる方法として簡単なものだと思い、手を出してしまいます。

問題は毎月の返済をできない自分の管理能力の甘さなのに、簡単に借りられるところから借金をして返済をするのは問題をすり替えているだけですよね。
しかし常に返済のことを考えていると冷静に考えれば事態を悪くするだけと解りきった方策を取ってしまうのです。

ズルをすることに躊躇しない

これは嘘をつくことに躊躇しなくなることに類似している部分はありますが、それよりももっと深刻だととらえてください。
普通であれば後程バレることやさらにひどい結果になることを予想して、自分が恥をかくかもという懸念があるので踏みとどまりますが、多重債務者の場合は「この会社であれば多少遅れてもうるさくないから返済を後回しにしよう」等、悪知恵を働かせることに躊躇がなくなってしまいます。

そもそも、借金を多重にするということは異常なことです。
ただ、異常な事でも毎日のように繰り返していると、感覚がマヒしていってしまうのです。
日常生活でも、トイレットペーパーをお店から持ち出してしまったり、友人に奢ってもらうようにねだったり、異常な行動をするようになってしまうのです。

多重債務から抜け出すには借金返済スケジュールを見直そう

異常な行動に心当たりがある・返済額を用意するのが難しいと感じる人は、「借金返済シュミレーター」にて借金の返済スケジュールを見直しましょう。

今の借金から返済スケジュールを立てられますので、無理のない返済スケジュールを見直しましょう。また多重債務者の人は「過払い金」が発生する可能性もあるので、借金が減額になるケースもあります。

借金が減額になるとわかれば、そのまま弁護士に相談できますので、便利なサービスです。
(相談までは無料で利用できます。)
スケジュール見直しのみでも利用してみることをおすすめします。