借金を繰り返す人の心理とは?対処法もあわせて解説

 

不要な借金をしてしまう人が増えている

本来であれば現在の収入で生活できるはずなのに、ついつい借金をしてしまう人がいます。
特に、生活費が足りない場合や娯楽のためにクレジットカードのリボ払い、キャッシングなどを利用する人が以前よりも増えています。
その証拠に、カードローンなどの個人向けの融資残高がどんどん大きくなっています。
銀行でも個人にカードローンなどのPRを大きく打ち出していますし、そういった環境の変化も、借金への抵抗感が薄れる理由になっているでしょう。

借金を繰り返す人の共通点は?

こういった人たちの共通点は、これぐらいの金額であればいつか返せるだろうといった、安易な気持ちである人が多いはずです。
恐らく、初めて借金をするときは、ものすごい抵抗感があったはずです。
しかし、一度借金をしてしまうと、まるで自身の口座からお金を使っているといった感覚になり、借金をしているといった気持ちはほとんど薄れてしまうのです。

借金を繰り返す人の心理

自分の財布感覚で借金をしているような人たちですから、恐らく数十万円程度は借金とすら思っていないでしょう。
そんな気持ちでカードローンやキャッシングなどを行っていると、あっという間に100万円以上の大台に到達してしまうことも少なくありません。
これだけの金額になってはじめて、「あ、ヤバいな」と気付くわけです。
その頃には時すでに遅し。金利も15%程度はありますし、毎月利息分だけで1万円、更には元本の返済も乗っかってくるため、なかなか返済が出来なくなるのです。

しかも、これまで借金をして当然の生活消費をしていたわけですから、借金なしでの生活は生活水準が下がるといったことになるので、借金をやめることすらなかなかできません。
立派な浪費癖が身についてしまっているわけです。
借金を返済するだけでなく、浪費癖を治してこれ以上借金を増やさないようなケアも必要になります。

借金で困ってしまった場合の対処法は?

もし、借金で首が回らなくなってしまったという場合には、債務整理も検討しなければいけないかもしれません。
債務整理とは、自身の借金を減額・免除する手続きで、法的にも認められた借金の返済方法となります。
毎月の借金で、生活にお困りの方は、弁護士との無料相談を通してその手続きについて詳しく聞いてみるのもいいかもしれません。
webで利用できる「借金返済シミュレーター」は自分の借金の状況をもとに、免除される金額はどれくらいかが診断できます。