借金で死にたいと感じてる人へ|借金苦で自殺を考える前にできること

 

借金が理由で自殺未遂を経験した人は5人に1人

最初は深く考えず、すぐに返済できると思い込んで借金苦に…みるみるうちに借金は膨らんで、返済も滞り、もう自分では手に負えなくなってしまった。でも、誰かに迷惑をかけたくないから相談も誰にもできない。

もう、生きていても辛いだけ…いっそのこと…

と、最悪のことを感がてしまう人もいるでしょう。毎日このようなことを考えてばっかりいては、無理もありません。

この記事では、そんな気持ちになってしまっている人が少しでも楽になるように、現状が前向きになる手助けをしたいと思っています。

借金完済への具体的な改善方法を紹介したいと思います。

多重債務者は今すぐに過払金の有無を確かめて

借金歴が長いと、常識かもしれませんが、まさか自分がという気持ちで調べる行為をしない人が結構います。あなたをそこまで苦しくしているのは、払う必要のない利息まで支払っているからかもしれないですよ。

多重債務の中で金額はあまり関係ありません。例え50万でも、1000万円でも、過払金は発生します。また、金額の大小で辛い気持ちだって変わるものじゃありません。金額に関係なくもう終わってしまいたいという感情は、人それぞれ持ってしまう感情なのです。

過払金を確かめるには借金返済シミュレーターがおすすめ

借金返済シミュレーターとは、弁護士事務所が提供している無料サービスです。

今の自分の借金の状況をWEB上で入力すると、過払金がどれくらいあるか、それによって借金がどれくらい減額出来るかがわかるサービスになっています。弁護士事務所が提供しているサービスなので、もちろんそのまま相談することも出来ます。匿名で利用できるので強制的に相談しなくてはいけないこともありません。

まだ自分の過払金を調べてない人は、是非試してみてください。

生活苦でどん底の状況だって抜け出せる

借金の返済の不安から抜け出せない人のために、体験談を集めてみました。
自分よりも不幸な人はいない…と思い込んでいたとしても、どん底からはい上がってきた人のエピソードを見ることで少し元気になれるかもしれません。

29歳サラリーマン/多重債務/毎月10万の返済

29歳サラリーマンです。
現在恥ずかしながら多重債務者です。

・カードローン71万
・クレジットカードのリボ払い残高18万
・結婚

相談所の入会金(割賦販売契約)、残り20万

これ等に対する支払いが、毎月合計4万円あります。
ちなみに一番上のカードローンは出金停止になってしまいました。支払いが遅れたことはないのでブラックリスト入りしてないと思いますが、下の二つを合わせると貸し出し可能額を上回ってしまうからでしょうか?
(契約時申告年収は280万で、今は年収330万。
カードの枠は85万。)
なので、利子だけ払って、ということができますん。「返しては借りる」ということができないのです。
ある意味減っていく一方なのでいいのですが。

もちろん、毎月10万近く返済してるので規定の速度よりも速く返し終わると思いますが、出金停止されていることもありいざ下ろしたくても下ろせない、という怖い状況でもあります。
手元にある程度残しとこう、と思ってます。

そこで質問なのですが、私のように3桁超えの多重債務を抱えながら、返済し見事復活、今は特に困らずに暮らしてるよ、という方はいますか?
なんなら結婚して住宅ローンを組んで一軒家持ち、という方の体験もうかがいたいです。

回答お願いいたします

引用元:知恵袋

借金が3桁になり、多重債務を抱えている同じ状況の人で完済した人はいるか?との質問です。

それに対しての回答が下記になります。

両親が早く他界し、お金のかかるカートレースをしていた私は20歳の頃にサラ金から200万借りてました(笑)その後、24歳の頃にサラ金80万(まで減らした)嫁のクレカ50万で合計130万+毎月の養育費3万。という状態にもなったことあります。

元嫁の借金も肩代わりした上で一度の滞りも無く30歳までに全額自力返済しました。自力返済しているのですからスーパーホワイトと呼ばれる現金主義で全く信用情報が無い方よりも信用情報は最高ですので、完済後はクレジットカードも普通に作れますし、現在私の枠は400万以上あります(もう仕事やネット決済以外で使わないですが)ちなみに過払い請求もしました。

質問者よりもかなり過酷な状況だったみたいですが、無事に完済出来ています。
やはり、過払い請求は借金返済とセットのような印象を受けます。

返済するにあたり、必ずチェックするようにしましょう。