キャッシングがやめられない!そんなときの対処法は?

 

最近では借金が身近になりすぎている

最近では消費者金融だけでなく、銀行のカードでもカードローンやキャッシングが可能になりました。
より身近なキャッシュカードに付帯された「悪魔の機能」のせいで、借金を繰り返してしまう人は多いのではないでしょうか。
借金は癖になるので、早めの対処が必要です。
一番手っ取り早いのは、キャッシングするためのアイテムを全て無くしてしまうことです。
今あなたがクレジットカーやキャッシュカードに付帯されたキャッシング機能がある場合には、解約することをお勧めします。
カードを手放さなくても付帯機能だけを辞めることもできるはずです。

ひとたび借金癖が染みついてしまったら…?

でも、「借金癖って一度染みついたら治らない」といった人が多いのかもしれません。
そういった場合には、もはや自分だけの力ではどうにもならない可能性が高いです。
今後、自分の借金癖をやめるためにも、周りの人からの協力が必要です。
もし、取り返しのつかないレベルには達していないのであれば、借金をしている事実を周囲へ告白する必要は必ずしもありません。
傷口をこれ以上広げないためにも、「お金使いすぎちゃうからキャッシュカード」を持っていてほしいと伝えるだけで効果はかなり大きいはずです。
そうすることで、お金を借りる手段を断ち切るのです。
物理的にお金を借りる手段が無くなれば、借金をすることも無くなります。まして、家族や恋人などに依頼するとなれば、裏切ることもできないでしょう。

それでも改善が見られないようであれば、あえて借金癖を抱えていることを周囲の人へ告白しましょう。そうすることによって、周囲もあなたに借金をさせないように、あの手この手で止めてくれるはずです。

自分を変えるために周囲の評判は気にしてはいられません。

すでに借金が返せないという場合にはどうすればいい?

すでに借金が自分の返済キャパシティを超えている場合には、すぐに弁護士に無料相談をされることをお勧めします。
弁護士に相談をすると、法的に認められた借金減額方法を教えてもらうことが出来ます。
今のあなたの返済能力に合わせて、適切な返済方法をアドバイスしてもらえますので、まず悩んでいるなら相談をしてみると良いでしょう。
webで利用できる「借金返済シミュレーター」は自分の借金の状況をもとに、免除される金額はどれくらいかが診断できます。