借金を返済せずにバックレれは可能か?踏み倒したらどうなる?

 

借金バックレ行為について

まず、バックレについて改めて確認ですが

バックレとは、無断でアルバイト・会社を辞めること。 約束していた内容をすっぽかす、逃げ出すことなどを意味する言葉である

という意味ですので、借金のバックレは「逃げ出す」という意味です。この記事にたどり着いた方は、借金返済から逃げ出す覚悟で見らえていると思いますので、その前提でお話ししたいと思います。

借金を踏み倒し、逃げすことは可能ではある

何故なら、借金には時効が存在するからです。借金時効の条件は、個人間の貸し借りについては10年、消費者金融や銀行からの借金は5年で時効となります。時効が成立した時点で、借金の返済義務は消滅します。

5年、10年のスタートはいつかというと、借金をした日の翌日からカウントスタートとなります。ただ、スタートはしますが、一度でも返済行為を行うとカウントはリセットされますので、要注意です。

例えば、1年間借金を返済せずにいた場合は5年の時効だとしたら残り4年となるわけですが、取り立てに応じて1円でも返済行為をすると、1年分のカウントはリセットされ、振出しに戻ります。返済行為をした翌日からがまたカウントスタートの日となります。

ですので、借金のバックレを最短で行うためには、一度も返済を行わず拒み続け逃げ続けないといけません。

頑なにバックレ続けても、逃げられないケースがある

ただ5年間逃げ続ければ100%時効が確定するというわけではありません。そうなると、債務者の有利になってしまいますから。

債権者は、裁判を起こす権利があるのです。債務者が借金返済をせずにバックレ続けてると、裁判を起こせます。裁判を起こすためには証拠が必要となりますが、大体は契約書が存在していますので、そちらをもとに裁判を起こします。

債権者に裁判を起こされてしまった場合は、その時点で時効がリセットになってしまうのです。これは時効を防ぐために、債権者が行う手として一般的で鵜s。裁判が判決出たあとは時効の期間が10年に伸びるので、それも大きなリスクとなります。

借金を背負ってるいる身で、裁判に勝つことは難しいですよね。負けた場合は差し押さえや強制執行の権利が債権者に付与されてしまうので、給料や財産を強制的に差し押さえられてしまうこともあります。

こういったリスクを考えると、バックレることが得策とは思えません。差し押さえになった場合は周囲にもバレてしまいますので、今までの人間関係や平穏な日常が崩れ去ってしまうことでしょう。

バックレることがリスクがあることはお分かりいただけたかと思いますが、それでも返済が難しい場合、借金を減らす方法をお教えします。

借金を減額できる手段とは

バックレたいほど借金の額が大きくて悩んでる方におすすめしたいのが、過払い金の確認です。
複数の金融機関から借り入れをしていたり、返済額が大きかったりする場合は要注意です。不当な利息がついている可能性があります。

そこでおすすめしたいのが「借金返済シミュレーター」です。わざわざ弁護士事務所に行くのには腰が重いという人はこの無料WEBサービスを使って簡単に今の借金がどれくらい減額できるかがわかります。

バックレることはよくないことですが、不当なお金を請求していることも悪いことです。これは明確にしておいた方が良いでしょう。
不当な請求がわかったら、弁護士に相談してみるのが良いでしょう。