【女性起業家】起業の失敗から借金地獄に!どん底になる前の賢い解決方法

 

女性の起業家は6年で約1.8倍に増加!

2019年になった日本の女性の起業家は増える一方。
東京商工リサーチが行った「第7回全国女性社長」調査によると、2016年における女性社長の数は全国で「約37万人」でした。

これは初めて調査を開始した2010年の数字が「21万人」だったことを考えると、なんと6年間で約1.8倍も増えた計算になります。

社会全体の社長はまだ男性というのが一般的なイメージですが、女性社長・女性起業家は確実に増えていることがわかりますね。
この数字は、起業を志している女性の皆さんを大きく勇気づけてくれるのではないでしょうか。

ただし事業失敗に直面するのも現実

輝かしい希望もある一方で、女性男性に問わず事業を新しく始めた人たちの7割が撤退するという現実もあります。

新規の受注が増えない、市場規模が薄い等、雲行きが怪しい時点で事業縮小や撤退を判断すればまだ良い方、後に引けなくなり、ずるずると経営を続けて借金が膨大な額に膨れ上がってから自己破産を選択するケースも少なくないのです。

起業で失敗した体験談のご紹介

起業で失敗をし、借金が膨れ上がってしまった体験談をご紹介します。

起業に失敗し300万の借金、精神的にも不安定に

38歳、男、独身、無職です。
起業に失敗し300万の借金をつくりました。
うつで死にたいです。
お酒が逃げ道です。脳に支障もきたしています。
でももうお酒を買う余裕もありません。

親も兄妹も助けてくれる見込みがありません。

八方塞がりでどうしていいのかわかりません。

引用:知恵袋

会社員時代の退職金で起業に挑戦、残ったのは借金のみ

一部上場の大企業を退職して、エステサロンを起業しましたが失敗しました。。。
残ったのは、借金だけです。
退職金、貯金すべて失いました。

この失敗を生かしたいと思っても、雇用関係で悩み、早く忘れたいです。
自分が馬鹿過ぎて辛いです。
会社員時代の同僚に合わす顔もありません。
もう一旗上げたい気持ちもありますが、たぶん、失敗すると思います。

熱い気持ちもないからです。
本当は見返してやりたいです。
悔しいですが、情け無いの気持ちが勝ります。

引用:知恵袋

紹介した体験談はごく一部ですが、起業に至った決心や積み上げてきた人生の信頼とは裏腹に、経営難による借金、倒産はすぐに訪れるといっても過言ではないでしょう。
起業の10年後に残っている会社は6%と言われてるくらいですから、起業して成功するのは狭き門なのです。

借金が増えそうになったら、すぐにシミュレーターを利用しよう

直面にある危機を回避したい一心で借金の借り入れを考える人も多いかと思います。
それ自体は悪い決断ではないですが、もしやみくもに借金を増やしているなら、すぐにシミュレーターの利用をおすすします。

以下の「借金返済シミュレーター」は自分の借金の状況をもとに、免除される金額はどれくらいかが診断できます。必要に応じて、無料での弁護士相談をすることが可能です。

必要なのは、借り入れをしても返済するイメージがあるということです。

 まとめ

起業の失敗、借金の対処方法についてご紹介しました。

安定している状態からの決断、挑戦はとても素晴らしいことで誰もが出来るわけではありません。
ただ、取り返しのつかないことになる前に、しっかりと返済計画を立てることが大切ですね。