借金をまとめるとどんな効果がある?分かりやすく解説します

 

借金をまとめるとはどのようなことでしょうか。借金をなんとかしたいと思って、色々と検索していると「借金をまとめる」といった言葉が出てくるでしょう。

一体どのようなことなのか、どのような期待効果が得られるのかを解説したいと思います。

借金をまとめるとは、ズバリ”借入先の金融機関を一本化”することである

複数の金融機関から借り入れを行っている場合、ひとつの金融機関に借り入れを一本化することができます。

ちなみに複数の金融機関から借り入れを行っていることを多重債務と言います。

ここでは、カードローンなどの使途が限定されていない債務(借金)をひとつの金融機関にまとめることについて説明していきましょう。

借金をまとめるとどうなる?効果は?

借金をまとめることの効果として、様々なものがあります。ここでは、メリットとデメリットに分けて解説していくことにしていきます。

借金をまとめるメリット

大きなメリットとして、一本化後の金融機関での借入金利が低い場合、一本化前の返済金額よりも少なくて済むことができます。

これまで高金利の金融機関で借り入れを行っている人は、低金利の金融機関を探してみて一本化することを検討してみるのが良いでしょう。

借金をまとめるデメリット

一本化をするにあたって金融機関で諸費用がかかる場合があります。諸費用を含めてしまうと、一本化してもほとんど返済金額が変わらないといったケースもありますので、単純に今よりも低い金利だから借金をまとめてみようといった安易な行動は避けた方がいいでしょう。

また、一本化するにあたって審査が必要になるため、審査に通るということが条件になります。金融機関によって、審査が通りやすい or 通りにくいは様々であるため、確認をしたほうがいいでしょう。

借金をまとめても借金返済が困難な場合には?

借金をまとめたとしても、借金完済の目途が立っていなければ意味はありません。そんなときには、債務整理といわれる手続きを検討してみるのも一つの手でしょう。

債務整理とは、弁護士に依頼することで実施できる手続きで、合法的に現在の借金を減額もしくは免除にしてもらえるものです。

意外と知られていないのですが、自己破産(債務整理の中でも最後の手段)をしなくても借金を減らすことができるため、自分に合った債務整理をするといいでしょう。

まずは無料で弁護士に相談をしてみて、自分の借金がどれだけ減額できるのかを確認したほうがよいでしょう。

以下の「借金返済シミュレーター」は自分の借金の状況をもとに、免除される金額はどれくらいかが診断できます。必要に応じて、無料での弁護士相談をすることが可能です。