借金返済を滞納したらどうなる?時系列で説明します

 

金融機関から借入をしていれば、借入額に応じて毎月返済をすることが義務付けられます。もし、返済できずに滞納をしてしまったらどうなるのでしょうか。

いきなり差し押さえはありません。ずっと滞納し続ければいつか差し押さえにはなりますが、手順があります。最悪の状況を回避するためにも、手順を知って、最適な対処をするようにしましょう。

レベル1:電話での催促

期日までの返済(借入元への入金)が確認できない場合、だいたい当日~数日以内に電話がかかってきます。引き落としをかけるため、すぐに指定口座へ振り込むようになどといった指示があります。このケースでは、数日であっても遅延損害金や手数料が発生する場合が多いです。

信用情報に傷が付く場合があるので、うっかりの入金忘れなども無いようにしたいケースです。

レベル2:郵送での催促(督促状)

電話での催促をしても入金が確認できない場合、督促状といった形で自宅へ手紙が来ます。だいたい数週間ぐらいで届くでしょう。具体的には、支払期日と請求金額が記載されており、それにプラスして遅延損害金や手数料が発生する形となります。

そこには、支払に応じられない場合には法的措置を検討しますといった記載があることが多いです。

レベル3:借入残高の一括請求

ここまでくると、かなりレッドゾーンです。督促状に対しても何もアクションを行わない場合、今の借入残高に対して一括請求を行ってきます。滞納分だけでなく、借入残高すべてなので、状況はかなりまずいです。

滞納分も支払えないので、一括請求されたら当然返済することは難しいことでしょう。だいたいこの時点でブラックリストに登録されることになります。ブラックリストとは、その借入元だけでなく、他の金融機関での借り入れや新規クレジットカード発行もできないようになりますので大変です。

レベル4:強制執行

借入元は、とうとう債務者(お金の借り手)のことを諦めます。諦めるというのは、決して借金をバックレることを許すことではありません。すでに借入元の手に負えなくなっているため、裁判所に通告するのです。

裁判所が発行した督促令状が債務者の元へ送られ、それでも支払いが無い場合には、強制執行という形で財産を差し押さえるのです。こうなれば、もう普通の生活はできませんね。

差し押さえとなるのは自宅の財産だけでなく、給与なども対象となります。どうやっても逃げられません。

最悪のケースを防ぐには?

最悪のケースを防ぐためには、まず早い段階で金融機関へ正直に返済できないことを伝えることです。場合によっては、返済に猶予を持たせてくれたりなど、救済措置がある場合も考えられます。

救済措置がない場合には、弁護士などに相談して法的に借金を減額するための措置を取る方向となるでしょう。具体的には、債務整理といわれる手続きで、国が認めた減額措置を弁護士の力を借りながら進めることになります。

債務整理をすることによって、借金額の8割を免除することができ、さらには財産が守られるため、このまま滞納し続けるよりはよっぽどマシです。

困ったときには借金問題のプロである弁護士に無料相談して解決方法を探しましょう。